東京のスポーツ整体治療院【神楽坂整体たいむ】

スポーツで膝をケガしやすい人の膝の特徴

【スポーツで膝をケガしやすい人の膝の特徴】スポーツによる膝のケガなら東京のスポーツ整体【神楽坂整体た

スポーツによる膝のケガは腰痛に次いで多いかもしれません。
東京では皇居ランといって、皇居の周りをランニングしている人が多いのですが、この皇居ランで膝を痛めて当院に通っている患者さんもいらっしゃいます。
そのように膝を痛めて当院【神楽坂整体たいむ】に通っている人の膝の特徴を3つにしぼって紹介していきます。
あなたの膝と見比べて、もしもスポーツで膝をケガしやすい人の特徴と同じだったら、その時はよく注意してスポーツに取り組んでくださいね。


スポーツで膝をケガしやすい人の膝の特徴1.膝の内側が盛り上がっている

スポーツで膝をケガしやすい人の膝でよく診られる特徴として、まず挙げられるのが「膝の内側が盛り上がっている」です。
特に、膝の内側に痛みを訴える人にこの傾向が強く、発熱していることも珍しくありません。
このように、膝の内側が盛り上がっていると、主に膝の内側を通る筋肉や腱、靭帯に対し、常に軽微な伸長刺激が加わっていることになります。
これによる負担の蓄積が、いつしか痛みへ、そして膝のケガへとつながっているのです。


スポーツで膝をケガしやすい人の膝の特徴2.お皿の動きが悪い・硬い

この「お皿の動きが悪い・硬い」という症状も、スポーツで膝をケガしやすい人の膝によく診られる症状です。
「お皿の動きが悪い・硬い」といわれてもピンとこない人もいると思いますが、お皿は手でつまんで上下左右に動かすと結構な範囲で動くものなのです。
試しに、両足を伸ばした長座となり、両手で左右のお皿をつまみ、左右に動かしてみてください。
左右同じように動けば、おそらく問題ないですが、どちらか一方に硬さを感じたり、動きが狭くなっているように感じたらこの兆候が出ているということになります。
お皿はモモの前側の筋肉(大腿四頭筋)とスネ(脛骨)を繋ぐ中継役です。
そのため、お皿が硬くなっているとこの大腿四頭筋や脛骨に負担がかかってしまいます。
もしこの辺りに痛みや違和感を感じる場合は、要注意です。


スポーツで膝をケガしやすい人の膝の特徴3.膝がしっかり伸びきらない

最後のスポーツで膝をケガしやすい人の膝の特徴は「膝がしっかり伸びきらない」です。
これは自覚できている人はほとんどいません。
ですが、簡単な判定方法があるので、ぜひ一緒にやってみてください。
まず、足を伸ばして座ります。
次に、膝の下(裏)に自分の手をさし込んでください。
この時、手の平と甲のそれぞれに床と膝の裏が触っていれば正常、膝の裏が手に触れていなければちゃんと伸びていないということになります。
膝はちゃんと伸びて始めて支持組織として機能するようになるのですが、このように伸びてくれていない状態だと膝で受けられない負担をモモやふくらはぎの筋肉で受けることになります。
これが蓄積して、ケガに繋がると考えています。
また、膝はちゃんと伸びて始めて側副靭帯が機能して安定するようになります。
そのため、ちゃんと伸びていないと膝が不安定な状態となり、膝のゆがみが作られる原因にもなるのです。


東京のスポーツ整体【神楽坂整体たいむ】的「スポーツで膝をケガしやすい人の膝の特徴」

ここまで3つほど、当院【神楽坂整体たいむ】で実際に診てきた患者さんの膝で診られた特徴を紹介してきました。
ですが、実はこれらは1つの大きなゆがみにまとめることができるのです。
それが【膝の捻じれ】です。
スポーツで膝をケガしやすい人の膝には、ほぼ100%【膝の捻じれ】が診られます。
しかし、スポーツを長年やっている人でも「膝が捻じれている」というのはあまり耳にしたことがないと思います。
それもそのはず、お医者さんなどの専門家ですら「膝が捻じれる」という認識を持っていないのですから。
それなら「膝が捻じれる」なんていう現象はそもそもないんじゃないか?と考える人もいると思います。
しかし「つま先とお皿の向きが違う」という言葉なら聞き覚えがあるのではないですか?
もし、膝に捻じれが生じないのであれば、膝とつま先は常に同じ方向を向いているはずですよね?
実際にはそうはなっていませんが。
ともあれ、このような歪みが膝に生じることで膝への負担が増し、ケガに繋がっていると当院では考えています。
スポーツでケガをしない一番のコツは「負担をためないこと」です。
余計な負担がかかる「膝の捻じれ」は酷くなる前に和らげておきましょうね。


スポーツ整体・身体のケア方法に関するコラム

東京でスポーツ整体をお探しなら【神楽坂整体たいむ】

院名 神楽坂整体たいむ
所在地 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3-2 Kヒルズ101号室
連絡先 090-6318-8143
営業時間

平日 13時~22時(最終21時)

土曜 11時~17時(最終16時)

定休日

日祝祭日

メール seitaitaimu@gmail.com
アクセス

JR飯田橋駅西口徒歩5分

地下鉄飯田橋駅B3出口徒歩3分

東西線神楽坂駅徒歩8分

概要 神楽坂で整体の施術を受けたい方は、飯田橋駅B3出口より徒歩3分の整体サロン【整体たいむ】へ。肩こりや腰痛などの身体の不調をケアする施術をはじめ、元アスリートの経験を活かしたスポーツ整体など、一人一人に合わせた施術を行いますので、お気軽にご相談ください。
URL http://www.seitaitaimu.com

ご予約用メールフォーム

スポーツのパフォーマンスアップを整体で。
トップアスリートの経験を持つ院長が【上手な体の扱い方】をアドバイス。


整体たいむ
162-0825
東京都新宿区神楽坂3-2
Kヒルズ101号室
JR飯田橋駅西口徒歩5分
地下鉄飯田橋駅B3出口徒歩3分
東西線神楽坂駅徒歩8分
平日 13時~22時(最終21時)
土曜 11時~17時(最終16時)
日祝祭日休診 
※ 完全予約制となります 
090-6318-8143
seitaitaimu@gmail.com 

◦◦◦◦当院の治療実績◦◦◦◦
【腰痛】椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・腰部脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・腰椎分離症・腰椎分離すべり症・妊娠中の腰痛・産後の腰痛・交通事故の後遺症・椎間板症・椎間関節の痛み・ストレス性の腰痛・慢性腰痛・お尻の痛み・圧迫骨折・背中の痛み・その他、原因不明と診断された腰痛
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【足の痛み】股関節痛・臼蓋形成不全・変形性股関節症・弾発股・外側大腿皮神経痛・腸脛靭帯炎・大腰筋の痛み・半月板の痛み・ヒザ痛・鵞足炎・オスグット病・ランナー膝・ジャンパー膝・シンスプリント・捻挫・捻挫の古傷・モートン病・アキレス腱炎・大腿筋とふくらはぎの肉離れ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【肩の痛み】肩こり・首こり・むちうち・交通事故の後遺症・寝違え・四十肩・五十肩・胸郭出口症候群・頚肩腕症候群・頚部脊柱管狭窄症・野球肩・野球肘・テニス肘・円回内筋症候群・肘部管症候群・手根管症候群・ギヲン管症候群・TFCC損傷・手首の痛み・バネ指・突き指
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【その他】頭痛・眩暈・耳鳴り・猫背・O脚・むくみ・こむら返り・睡眠障害・不妊症・生理痛・逆子・産後の尿漏れ・便秘・下痢・慢性疲労・顎関節症
 
PAGE TOP