東京のスポーツ整体治療院【神楽坂整体たいむ】

学生に多いスポーツ障害3選

【学生に多いスポーツ障害3選】部活で良い成績を残したいなら東京のスポーツ整体【神楽坂整体たいむ】

スポーツをやっていると、各競技に特有なケガをすることがあります。
これを「スポーツ障害」と呼びます。
スポーツ障害は、投球肩・野球肘・テニス肘・ゴルフ肘・ランナー膝・ジャンパー膝といった感じで、その競技と傷める部位を合わせた呼び方をすることが一般的で、スポーツを頑張っている人なら一度は耳にしたことがあるようなものばかりだと思います。
そんなスポーツ障害の中から、ここでは「学生に多いスポーツ障害」を3つにしぼって紹介していきます。


学生に多いスポーツ障害1.腰椎分離症

学生に多いスポーツ障害の1つめは「腰椎分離症」です。
これは主に中~高校生に多く診られる腰のスポーツ障害で、腰椎の疲労骨折になります。
腰椎分離症が学生に多いのは、まだ骨が成長しきっていないからです。
つまり、骨が軟らかいからですね。
腰椎分離症では、腰椎椎間関節という部分に慢性的に負荷がかかっていることが多いのですが、そのあたりは骨も細く、しかもまだ軟らかいため、その過剰・慢性的な負荷に骨が耐えきれなくなってしまうのです。
疲労骨折とはいえ骨折は骨折、治るまではそれなりの時間がかかります。
また、腰椎分離症を引き起こしているそもそもの原因を改善しなくては、一度は痛みが和らいでも再発しやすい特徴を持ちます。
学生にとって「今」は特別なもの。
それを根こそぎ奪いかねないスポーツ障害なので、早め早めに治療していきましょう。


学生に多いスポーツ障害2.オスグットシュラッター

学生に多いスポーツ障害の2つめは「オスグットシュラッター」です。
「オスグットシュラッター?誰?」となるかもしれませんね。
それもそのはず、この「オスグットシュラッター」というのは人の名前です。
ドイツかどこかのオスグットシュラッターさんが見つけたスポーツ障害だからこの名前がついているというワケですね。
それはいいとして、これは日本では「膝の成長痛」とも呼ばれています。
こちらの方がイメージがつきますかね?
これは、モモの大腿四頭筋が膝のすぐ下にある「脛骨粗面」という部分を引きちぎってしまうスポーツ障害です。
なぜこのようなことが起こるのかというと、まだ骨が軟らかく、大腿四頭筋という強大な筋肉による牽引力に耐えることができないからです。
これが大人になると、脛骨粗面ではなく膝蓋靭帯を傷めるようになるため、学生ならではのスポーツ障害といえます。


学生に多いスポーツ障害3.投球肩・スイマー肩

3つめの学生に多いスポーツ障害は「投球肩」と「スイマー肩」です。
これは主に野球をやっている選手と水泳をやっている選手に多く診られるスポーツ障害で、可動範囲ギリギリを大きくまわす動作によって肩の筋肉や腱が傷んでいるのがこのスポーツ障害の特徴です。
なぜこのようなことが起こるのかというと、学生のころはまだ技術的にというよりは身体能力で我武者羅に泳ぐという選手の方が多く、そのため、肩関節に頼った使い方をし過ぎていることが原因です。
肩の腱板を傷めてしまうと、その治療にはとても時間と根気が必要なので、傷める前に肩に頼った泳ぎ方を改善していくことが重要です。


東京で長年スポーツ整体を営む【神楽坂整体たいむ】ならどう診るか?

学生に多いスポーツ障害を3つ紹介してきました。
腰椎分離症もオスグットシュラッターも野球肩・スイマー肩も、全てに共通して言えるのは「体の使い方が未熟」ということです。
これは、たかだか10~20年しか生きていない学生さんだから仕方がないことなのですが、技術が未熟故に起こるスポーツ障害です。
当院【神楽坂整体たいむ】では、その選手の動きをチェックし、負担がかかっている悪い動きを負担が少ない良い動きに変える指導を行い、根本的な原因を改善していきます。
また、それに必要な可動域がなければ、スポーツ整体の技術を駆使して可動域を作っていきます。
この「運動のコツを指導することができる」という点と、「スポーツ整体で足りない可動域を拡げることができる」という点。
これらを同時に同じ場所で行えるのが、東京で唯一【神楽坂整体たいむ】なのです。
もし学生に多いスポーツ障害でお悩みでしたら、当院【神楽坂整体たいむ】にご相談くださいね。


スポーツ整体・身体のケア方法に関するコラム

東京でスポーツ整体をお探しなら【神楽坂整体たいむ】

院名 神楽坂整体たいむ
所在地 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3-2 Kヒルズ101号室
連絡先 090-6318-8143
営業時間

平日 13時~22時(最終21時)

土曜 11時~17時(最終16時)

定休日

日祝祭日

メール seitaitaimu@gmail.com
アクセス

JR飯田橋駅西口徒歩5分

地下鉄飯田橋駅B3出口徒歩3分

東西線神楽坂駅徒歩8分

概要 神楽坂で整体の施術を受けたい方は、飯田橋駅B3出口より徒歩3分の整体サロン【整体たいむ】へ。肩こりや腰痛などの身体の不調をケアする施術をはじめ、元アスリートの経験を活かしたスポーツ整体など、一人一人に合わせた施術を行いますので、お気軽にご相談ください。
URL http://www.seitaitaimu.com

ご予約用メールフォーム

スポーツのパフォーマンスアップを整体で。
トップアスリートの経験を持つ院長が【上手な体の扱い方】をアドバイス。


整体たいむ
162-0825
東京都新宿区神楽坂3-2
Kヒルズ101号室
JR飯田橋駅西口徒歩5分
地下鉄飯田橋駅B3出口徒歩3分
東西線神楽坂駅徒歩8分
平日 13時~22時(最終21時)
土曜 11時~17時(最終16時)
日祝祭日休診 
※ 完全予約制となります 
090-6318-8143
seitaitaimu@gmail.com 

◦◦◦◦当院の治療実績◦◦◦◦
【腰痛】椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・腰部脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・腰椎分離症・腰椎分離すべり症・妊娠中の腰痛・産後の腰痛・交通事故の後遺症・椎間板症・椎間関節の痛み・ストレス性の腰痛・慢性腰痛・お尻の痛み・圧迫骨折・背中の痛み・その他、原因不明と診断された腰痛
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【足の痛み】股関節痛・臼蓋形成不全・変形性股関節症・弾発股・外側大腿皮神経痛・腸脛靭帯炎・大腰筋の痛み・半月板の痛み・ヒザ痛・鵞足炎・オスグット病・ランナー膝・ジャンパー膝・シンスプリント・捻挫・捻挫の古傷・モートン病・アキレス腱炎・大腿筋とふくらはぎの肉離れ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【肩の痛み】肩こり・首こり・むちうち・交通事故の後遺症・寝違え・四十肩・五十肩・胸郭出口症候群・頚肩腕症候群・頚部脊柱管狭窄症・野球肩・野球肘・テニス肘・円回内筋症候群・肘部管症候群・手根管症候群・ギヲン管症候群・TFCC損傷・手首の痛み・バネ指・突き指
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【その他】頭痛・眩暈・耳鳴り・猫背・O脚・むくみ・こむら返り・睡眠障害・不妊症・生理痛・逆子・産後の尿漏れ・便秘・下痢・慢性疲労・顎関節症
 
PAGE TOP