東京のスポーツ整体治療院【神楽坂整体たいむ】

スポーツで多く診られる腰痛3選

【スポーツで多く診られる腰痛3選】東京でスポーツの腰痛に強い整体院といえば【神楽坂整体たいむ】

スポーツと腰痛は切っても切れないといっても過言ではありません。
それくらいよく診られる症状が腰痛です。
そんな腰痛ですが、一言で「腰痛」といっても実際の傷病名にすると様々なものが存在します。
そこで、このページではスポーツで多く診られる腰痛を3つにしぼって紹介していきます。


スポーツで多く診られる腰痛1.椎間板ヘルニア

スポーツの腰痛といえば、言わずと知れた【椎間板ヘルニア】ですね。
近年では「椎間板ヘルニアは腰痛との因果関係がない」という論文も発表されており、以前ほど「ヘルニアだー」という診断を下すお医者さんは多くありません。
しかし、これは慢性腰痛の場合です。
スポーツの場合はこの限りではありません。
スポーツでは驚くような負荷が腰にかかっていることが多く、しかもそれが何回も繰り返されます。
こうして徐々に傷んで弱くなっていた椎間板に、突発的に大きな負荷がかかってヘルニアとなってしまうケースは未だに多いです。
これは急性ヘルニアと呼ばれ、本気で痛いです。
しかし、治療としても基本は安静にして傷めた軟骨組織の炎症が落ち着くのを待つのが最優先となるため「やってしまったら仕方ない」怖い腰痛です。
しかし、神経症状さえ酷くなければ、安静にしていることで比較的経過は良く、手術などは必要ないというのが最近の考え方です。
なお、スポーツでのヘルニアは多くのケースで傷めた瞬間がわかります。
そして、それと同時に激しい痛みと場合によっては痺れが生じます。
そのため、突発的に激しい腰痛と足の痺れが出てきたような場合は【椎間板ヘルニア】の可能性を頭に入れておいてください。


スポーツで多く診られる腰痛2.腰椎分離症

腰椎分離症は若い選手に多く診られるスポーツの腰痛です。
「分離症」の名の通り、腰椎の椎体と追及が分離するのが特徴です。
そう、腰椎分離症は腰椎の骨折なのです。
そりゃ痛いわけです。
一般的にはスポーツをお休みして腰への負担を減らし、骨が安定するのを待つことになります。
長いと半年とかスポーツをお休みしなくてはならいのですが、この年代の選手にとって半年とはいわなくても数カ月であってもスポーツができなくなるのは厳しいです。
ヘルニアより時間がかかることが多いため、これを機に引退してしまう選手も少なくありません。
しかし、腰椎分離症は骨折は骨折でも「疲労骨折」なので、ヘルニアのように突発的に起こるものではありません。
徐々に痛みが強くなってくるので、気をつけていれば早い段階で気がつくこともでき、上手くケアすることができれば休まずにスポーツを続けることも可能です。
腰椎分離症は腰椎の4番5番に多く診られるので、ザックリ「腰の根っこ辺りが痛い」という腰痛が続いている場合は要注意です。


スポーツで多く診られる腰痛3.筋筋膜性の腰痛

最後は筋筋膜性の腰痛です。
これはどんな競技でも比較的多く診られるスポーツの腰痛です。
スポーツは体に大きな負担がかかるので、それが腰の筋肉に蓄積して、その筋肉自体が痛みを発しているのがこの腰痛の病態となります。
要は「筋肉の過労」ですね。
オーバーワーク・ケア不足・体の使い方が悪い…といった理由が考えられ、それぞれに必要なケアやトレーニングを行うことで改善します。
しかし、少し休むとなんとなく楽になってしまうことも多いので、こういった根本原因を放置してしまうことが多く、繰り返し同じ腰痛を患ってしまうことも多いです。
また「筋肉の過労だから」と甘くみていると、そこから更に根が深くなり椎間関節や椎間板の炎症を引き起こすこともあります。
腰に張りを感じたり、運動を始めるとすぐに腰が痛みだす…というようなことがあった場合は、スポーツ整体の専門家に相談してケアをしてもらうなり必要なセルフケアを教えてもらいましょう。


東京のスポーツ整体【神楽坂整体たいむ】の腰痛の考え方は?

当院【神楽坂整体たいむ】では、椎間板ヘルニアも腰椎分離症も筋筋膜性の腰痛も全てに共通した原因があると考えています。
そして、それを改善することで痛みを軽減したり、再発を防ぐことができている人が大勢います。
もちろん、求めるパフォーマンスが上がって負荷が強くなり、フィジカルが追いつかないと一時的に痛むこともあります。
しかし、ちゃんとフィジカルが強化され、そのパフォーマンスに見合った能力を獲得できると、それからはまたこのようなスポーツの腰痛は起こりにくくなります。
東京にはいろいろな考えを持った先生が多いので、当院【神楽坂整体たいむ】の治療や考え方が絶対的に正しいとは言いません。
しかし、スポーツの腰痛に悩まされてきた多くの方々を腰痛から解放してきた経験から、それなりの自信はあります。
もし、あなたが東京で「スポーツの腰痛に強いスポーツ整体はないかな?」とお探しでしたら、ぜひ当院【神楽坂整体たいむ】も選択肢の一つに入れてみてくださいね。


スポーツ整体・身体のケア方法に関するコラム

東京でスポーツ整体をお探しなら【神楽坂整体たいむ】

院名 神楽坂整体たいむ
所在地 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3-2 Kヒルズ101号室
連絡先 090-6318-8143
営業時間

平日 13時~22時(最終21時)

土曜 11時~17時(最終16時)

定休日

日祝祭日

メール seitaitaimu@gmail.com
アクセス

JR飯田橋駅西口徒歩5分

地下鉄飯田橋駅B3出口徒歩3分

東西線神楽坂駅徒歩8分

概要 神楽坂で整体の施術を受けたい方は、飯田橋駅B3出口より徒歩3分の整体サロン【整体たいむ】へ。肩こりや腰痛などの身体の不調をケアする施術をはじめ、元アスリートの経験を活かしたスポーツ整体など、一人一人に合わせた施術を行いますので、お気軽にご相談ください。
URL http://www.seitaitaimu.com

ご予約用メールフォーム

スポーツのパフォーマンスアップを整体で。
トップアスリートの経験を持つ院長が【上手な体の扱い方】をアドバイス。


整体たいむ
162-0825
東京都新宿区神楽坂3-2
Kヒルズ101号室
JR飯田橋駅西口徒歩5分
地下鉄飯田橋駅B3出口徒歩3分
東西線神楽坂駅徒歩8分
平日 13時~22時(最終21時)
土曜 11時~17時(最終16時)
日祝祭日休診 
※ 完全予約制となります 
090-6318-8143
seitaitaimu@gmail.com 

◦◦◦◦当院の治療実績◦◦◦◦
【腰痛】椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・腰部脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・腰椎分離症・腰椎分離すべり症・妊娠中の腰痛・産後の腰痛・交通事故の後遺症・椎間板症・椎間関節の痛み・ストレス性の腰痛・慢性腰痛・お尻の痛み・圧迫骨折・背中の痛み・その他、原因不明と診断された腰痛
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【足の痛み】股関節痛・臼蓋形成不全・変形性股関節症・弾発股・外側大腿皮神経痛・腸脛靭帯炎・大腰筋の痛み・半月板の痛み・ヒザ痛・鵞足炎・オスグット病・ランナー膝・ジャンパー膝・シンスプリント・捻挫・捻挫の古傷・モートン病・アキレス腱炎・大腿筋とふくらはぎの肉離れ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【肩の痛み】肩こり・首こり・むちうち・交通事故の後遺症・寝違え・四十肩・五十肩・胸郭出口症候群・頚肩腕症候群・頚部脊柱管狭窄症・野球肩・野球肘・テニス肘・円回内筋症候群・肘部管症候群・手根管症候群・ギヲン管症候群・TFCC損傷・手首の痛み・バネ指・突き指
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【その他】頭痛・眩暈・耳鳴り・猫背・O脚・むくみ・こむら返り・睡眠障害・不妊症・生理痛・逆子・産後の尿漏れ・便秘・下痢・慢性疲労・顎関節症
 
PAGE TOP