東京のスポーツ整体治療院【神楽坂整体たいむ】

テニス肘・ゴルフ肘

神楽坂整体たいむのテニス肘・ゴルフ肘治療

テニス肘,ゴルフ肘
まず始めにテニス肘とゴルフ肘は、整形外科的には上腕骨外側上顆炎という名前がつけられています。つまり、テニス肘とゴルフ肘は、きっかけとなるスポーツは異なるものの、その病態はほぼ同じということになります。次に、テニス肘やゴルフ肘がどのようなケガなのか説明すると、整形外科的には「手首を甲側に曲げる時に使う筋肉の腱部に起きる炎症」ということになります。そのため、整形外科的には前腕の伸筋群の緊張を和らげて腱部にかかる負担を軽減させたり、外側上顆炎サポーターを用いて腱部への刺激を防ぐ方法が取られています。しかし、これらの方法だけではなかなか治らず、長期化してしまう患者さんが多いのが現状です。

長期化する理由
テニス肘やゴルフ肘は痛みが和らぎにくく、長期化しやすいと書きましたが、その理由を挙げて説明します。
1.腱部の炎症
テニス肘やゴルフ肘は腱部に起こった炎症によって痛みが出ていますが、実はこの腱という組織は筋線維と違って血流が良くない組織なのです。組織の修復は、その材料となる酸素と栄養素が患部に運び込まれることで進んでいきます。しかし、血流が悪い腱部のケガは酸素と栄養素が充分に供給されにくいため、その修復が遅く、治るのに時間がかかるのです。

2.安静が困難
テニス肘やゴルフ肘は手首の動きに関わる筋肉の腱が炎症を起こしています。そのため、手首を動かす度にその刺激が患部に伝わってしまいます。テニスやゴルフをプレイするのはもちろん、日常生活でも手首を動かさずに生活するのは困難を極めるため、テニス肘やゴルフ肘では患部の安静が保たれにくくなっているのです。

前腕伸筋群だけが原因ではない
整形外科の常識としては、テニス肘もゴルフ肘も前腕伸筋群が原因となっていますが、より詳細に分析すると他にも①上腕筋群及び筋膜②不安定な手首③拮抗筋による負荷④橈骨神経がテニス肘やゴルフ肘の痛みに関与していることがわかります。そのため、早期の改善には前腕伸筋群へのケアばかりではなく、これらに対するケアも行って行く必要があるのです。

真の原因
テニスやゴルフで肘を傷めてしまう原因は、一言で言えば「手に頼った打ち方をしている」つまり、手打ちになっていることが挙げられます。では、なぜ手打ちだとテニス肘やゴルフ肘になってしまうのでしょう。

1.前腕に力が入りすぎる
テニス肘もゴルフ肘も前腕伸筋群の問題です。そのため、この筋肉に必要以上に力が入っていると、その負担が肘にかかり、蓄積してしまうのです。

2.インパクトがズレやすい
テニスであれゴルフであれ、しっかりとした体の使い方ができていないとスイングが安定せず、インパクトの際に芯で捉えることが難しくなります。芯で捉えた時と捉えられなかった時で肘が受ける反発力はどちらの方が大きいか、考えるまでもなく後者ですが、この負担の積み重ねがテニス肘やゴルフ肘を育てているのです。

首の神経障害
スポーツで痛めたテニス肘やゴルフ肘の場合はあまり影響ないと思いますが、中には「テニスもゴルフもしないのにテニス肘やゴルフ肘だと診断された」という人もいます。この場合、多くは首や肩の凝りに悩んでいる患者さんが多いです。これは仕事中の姿勢や動作によって神経に持続的な緊張が加わり、それによって引き起こされる神経痛のような痛みです。

4.手首の不安定性
手首が不安定な状態でテニスやゴルフをプレイしていると、不安定な手首を支えるために前腕に余計な力が入ります。一回一回の負担は軽微ですが、これを放置して使用し続けることで疲労が蓄積し、テニス肘やゴルフ肘を育てています。

神楽坂整体たいむの治療法
これまでに説明してきたテニス肘やゴルフ肘の病態や原因をもとにして、それを改善・軽減させるために行っている神楽坂整体たいむ独自のテニス肘・ゴルフ肘治療法を紹介していきます。

1.肩甲骨調整
テニス肘やゴルフ肘となる人は肩甲骨の動きが悪くなっている人が多いです。そのため、体の力を腕に伝えることができずに手に頼った打ち方になってしまいます。そこで、体と腕を繋げている肩甲骨を調整し、体の力を腕に伝えやすい可動域を確保していきます。

2.上腕の筋・筋膜調整
手打ちになっている場合、肘への負担を減らすために上腕を使っているケースが少なくありません。しかし、最初は肘への負担を減らす目的だったにもかかわらず、いつの間にか上腕の筋肉や筋膜が強張り、それ自体がテニス肘やゴルフ肘の痛みを助長してしまいます。そこで、上腕の筋・筋膜を調整し、この負担を軽減させていきます。

3.前腕の屈筋群調整
テニス肘やゴルフ肘は前腕の伸筋群のケガです。しかし、拮抗筋となる屈筋群に強い緊張があると、その拮抗筋でテニス肘・ゴルフ肘の原因筋である前腕の伸筋群に対して負担が増します。そこで、この屈筋群の緊張を緩和させて伸筋群にかかる負担を軽減させていきます。

4.LAT
手打ちを改善するために肩甲骨の可動域を改善することは話しましたが、この肩甲骨に体の力を伝えるには肋骨や鎖骨の動きが肝心です。これを改善するために行う当院独自の治療法がLATです。詳しくはこちらLATをご覧ください。

5.前腕伸筋群の調整
ここまで行うと肘周辺の余分な強張りが緩和し、痛みも軽減する患者さんが多いです。そして、この時点で残っている前腕伸筋群の緊張が本来のテニス肘やゴルフ肘のものになりますので、それをここで和らげていきます。

6.神経ストレッチ
筋肉の緊張や患部の強張りが和らいでいるにも関わらず痛みが残っている場合は、ケガの段階が炎症期で炎症が残っているか、神経の強張りによって痛みを感じているかのどちらかです。前者ではアイシングや痛み止めの服用を、後者では神経ストレッチなどを用いて神経の強張りを和らげていきます。

神楽坂整体たいむでは、患者さんの状態をよく観察し、適宜このような治療法を取捨選択して治療にあたっております。そのため、慢性化してしまっているテニス肘やゴルフ肘に対しても高い効果を得られることが多く、テニス肘やゴルフ肘で悩む患者さんが東京都内各所より訪れています。もしあなたがなかなか治らないテニス肘・ゴルフ肘でお悩みでしたら、神楽坂整体たいむが力になれるかもしれません。

セルフケア
テニス肘やゴルフ肘の痛みを和らげ、痛みがぶり返すのを防ぐには適切なセルフケアが必要不可欠です。自分の体は自分で守る・管理する意識を持ち、ご自身の体のためにできることは積極的に行うようにしてください。ここでは、神楽坂整体たいむで実際に行っていただくセルフケアを紹介します。

1.腕を捻じる
テニス肘やゴルフ肘は腕が内側に捻ると治りが悪くなるので、これを防ぐために腕を外側に捻る体操を行います。腕を横に出し、手のひらを上に向ける方向に強く捻ります。目安は5回、肘が痛む場合は行わないで下さい。

2.二の腕をほぐす
テニス肘やゴルフ肘は前腕伸筋群のケガですが、この筋肉を自分でほぐすのは意外と難しいです。そこで、前腕伸筋群と上腕の筋膜に大きな影響を与えている二の腕の筋肉(上腕三頭筋)をほぐします。かなり硬くなっていますが、強い筋肉なので難しいことは考えずにただ揉みほぐせば大丈夫です。稀に内出血を起こしますが、自然に吸収されるので心配ありません。手が空いていたらやるクセをつけましょう。

3.指のストレッチ
指の筋肉も前腕伸筋群に関係がある筋肉ですので、テニス肘やゴルフ肘を改善するには効果的なストレッチとなります。傷めている腱部にかかる負担も少ないので、安全に行えるストレッチです。指を開いて自分の太ももにハメて、押し込むように広げてストレッチします。親指と人差し指、人差し指と中指、中指と薬指、薬指と小指、全て行って下さい。

4.鎖骨まわし
肩甲骨の動きを助けるために鎖骨の可動域を広げます。手打ちになるのを防ぎ、肘にかかる負担を軽減するのに役立ちます。鎖骨の内側(胸鎖関節)を指で内側から外側に押し出すように押さえ、腕を前から上げて後ろで下ろすようにぐるぐる回します。目安は10回、手が空いたらやるようにして下さい。

5.神経ストレッチ
スポーツによって痛めたテニス肘やゴルフ肘よりは主婦の方が日常生活のクセなどで痛めたテニス肘やゴルフ肘の方が効果が期待できますが、神経のしなやかさを取り戻すことで患部の緊張を和らげ、血流を改善する効果が期待できます。腕を地面と平行な高さに上げ、首を患部と反対側に倒し、手首を上げ下げします。目安は手首の上げ下げを10回です。

たいへん申し訳ありませんが、写真は非公開とさせていただきます。西東京市や武蔵野市、川崎市などから神楽坂整体たいむまでお越し下さる患者さんがおりますので、ご理解をお願い致します。

余談
ゴルフ肘の人は通常左手のゴルフ肘になることが多いですが、もし右打ちにも関わらず右手のゴルフ肘になった場合、それは腱部を傷める一般的なゴルフ肘とは異なり、軟骨を傷めるゴルフ肘の可能性があります。もしそのようなケースに当てはまった場合は、徹底的にインパクトを避け、フォーム改善の素振りを行って下さい。右手を使うクセを直さないと、またすぐに痛みがぶり返します。関節を冷やして炎症を抑えるアイシングも効果的です。痛み止めなどのお薬があるなら、就寝前に服用すると睡眠中に患部の炎症を抑えてくれます。

最後に
いかがだったでしょうか?少しでもテニス肘やゴルフ肘の痛みで好きなテニスやゴルフを諦めている人の参考になれば幸いです。なお、テニス肘にしろゴルフ肘にしろ、痛みが治まったからといって手打ちを直さずにいると、いずれ必ず再発します。コーチと相談してフォームの改善に努めたり、私のようなスポーツ整体を得意とする治療家に相談して身体操作法についてアドバイスしてもらうといいと思います。もちろん、ゆがみを整えて可動域を改善することも大切です。東京は広いです。優秀な治療家先生も大勢いらっしゃいます。神楽坂整体たいむが全てではありません。ご自身のスポーツライフをより良いものにするために、信頼できる掛かり付けスポーツ整体師さんを見つけて下さいね。

50代,男性,テニス肘で治療中のT.Sさんの治療例へのリンクバナーです

料金ページへのリンクバナーですアクセスページへのリンクバナーですご予約,お問い合わせページへのリンクバナーです院長紹介ページへのリンクバナーです院内の雰囲気ページへのリンクバナーです外観,入口,ページへのリンクバナーですメニュー案内ページへのリンクバナーです当院の特徴ページへのリンクバナーです独自療法LATページへのリンクバナーです整体法の紹介ページへのリンクバナーですご来院からの流れページへのリンクバナーです通院の目安,根本改善への道のり,ページへのリンクバナーです当院からのお願いページへのリンクバナーですよくあるご質問ページへのリンクバナーです患者さんの感想ページへのリンクバナーですスポーツ整体ページへのリンクバナーです
ランナー膝,ページへのリンクバナーですジャンパー膝,ページへのリンクバナーです肘のスポーツ障害ページへのリンクバナーです膝のスポーツ障害ページへのリンクバナーです腰のスポーツ障害ページへのリンクバナーです肩のスポーツ障害ページへのリンクバナーです足のスポーツ障害ページへのリンクバナーです腰椎椎間板ヘルニアページへのリンクバナーです腰椎分離症ページへのリンクバナーです腰部脊柱管狭窄症ページへのリンクバナーです坐骨神経痛ページへのリンクバナーですぎっくり腰ページへのリンクバナーです

CONTACT

ABOUT

◦◦◦◦◦受賞認定証◦◦◦◦◦
【柔道整復師会 会長賞】
柔道整復師会 会長賞
 
【柔道整復師免許】
 柔道整復師免許
【柳生心眼流 活法術】
柳生心眼流 活法術
【柳生心眼流 腱引き師】
柳生心眼流 腱引き師

整体たいむ
162-0825
東京都新宿区神楽坂3-2
Kヒルズ101号室
JR飯田橋駅西口徒歩5分
地下鉄飯田橋駅B3出口徒歩3分
東西線神楽坂駅徒歩8分
平日 13時~22時(最終21時)
土曜 11時~17時(最終16時)
日祝祭日休診 
※ 完全予約制となります 
090-6318-8143
seitaitaimu@gmail.com 

◦◦◦◦当院の治療実績◦◦◦◦
【腰痛】椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・腰部脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・腰椎分離症・腰椎分離すべり症・妊娠中の腰痛・産後の腰痛・交通事故の後遺症・椎間板症・椎間関節の痛み・ストレス性の腰痛・慢性腰痛・お尻の痛み・圧迫骨折・背中の痛み・その他、原因不明と診断された腰痛
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【足の痛み】股関節痛・臼蓋形成不全・変形性股関節症・弾発股・外側大腿皮神経痛・腸脛靭帯炎・大腰筋の痛み・半月板の痛み・ヒザ痛・鵞足炎・オスグット病・ランナー膝・ジャンパー膝・シンスプリント・捻挫・捻挫の古傷・モートン病・アキレス腱炎・大腿筋とふくらはぎの肉離れ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【肩の痛み】肩こり・首こり・むちうち・交通事故の後遺症・寝違え・四十肩・五十肩・胸郭出口症候群・頚肩腕症候群・頚部脊柱管狭窄症・野球肩・野球肘・テニス肘・円回内筋症候群・肘部管症候群・手根管症候群・ギヲン管症候群・TFCC損傷・手首の痛み・バネ指・突き指
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【その他】頭痛・眩暈・耳鳴り・猫背・O脚・むくみ・こむら返り・睡眠障害・不妊症・生理痛・逆子・産後の尿漏れ・便秘・下痢・慢性疲労・顎関節症
 
PAGE TOP