東京のスポーツ整体治療院【神楽坂整体たいむ】

整体法の紹介

飯田橋の【整体たいむ】で元アスリートが行う施術の一部を紹介します!

整体法の紹介
独自療法となると【〇〇流】【〇〇テクニック】などと違って、施術内容がイメージしづらく「どんなことをされるの?」と不安を感じる方もいるのではないでしょうか?そこで、本ページでは当院が行ってい整体法の一部を簡単に紹介させていただきます。参考程度とはなってしまいますが、よろしければご覧ください。


肩関節の整体
肩関節の構成骨格図です現代の私たちの日常生活は、肩(腕)が徐々に捻じれて巻き込んでいきやすい生活スタイルになっています。こうして肩が巻き込んでしまうと、その肩(腕)が肩甲骨を引き出し、その肩甲骨が肺(肋骨)に乗りかかって肺の活動を阻害してしまいます
本整体では、肩(腕)が捻じれることで短縮硬化・癒着した筋肉や筋膜の緊張を和らげ、肩(腕)の捻じれを解消していきます。

肋骨の整体
呼吸と肋骨の関係を示したイラストです肺がしぼんでいると、肋骨の上半分が下がってきて、下半分は拡がっていきます。肋骨は、上半分が器の大きさを、下半分が呼吸の深さを担っているため、この状態では『小さい器で浅い呼吸』をせざるを得なくなっています。当然、体に提供される酸素の量が不足することになり、疲労の回復も遅くなります「疲れやすいな」と感じる人は要注意です。
本整体では、肋骨の上半分を持ち上げ、下半分を引き締めることによって、呼吸しやすい肋骨環境を整えていきます。

肩甲骨の整体
肩甲骨の位置を示したイラストです肩(腕)や肋骨にゆがみがあると、それによって肩甲骨の位置も正常な位置から離れてしまいます。肩甲骨が正常な位置にないと、胸・肩・背中・首・腰などの筋緊張に不均衡が生じて、慢性的な痛みを引き起こしたり、体の動きを制限したりしてしまいます
本整体では、肩の整体・肋骨の整体によって動かしやすくなった肩甲骨を正常な位置に戻しつつ、短縮している胸の筋肉をストレッチしていきます。

骨盤の整体
骨盤のゆがみを示したイラストです肺がしぼんでいる人の多くは、骨盤が後ろに倒れています。骨盤が倒れてしまうと、背中全体が丸くなり、体の前側にある腹筋や股関節の筋肉が短縮硬化を起こします。これが更なる骨盤のゆがみを引き起こし、症状が複雑化していきます。
本整体では、骨盤を引き締め、必要に応じて動きをつけたり、短縮硬化を起こしている腹筋・股関節筋を和らげて、頑張らなくても骨盤を立てることができるような状態にしていきます。

背骨の整体
背骨のバランスを示したイラストです肺がしぼんで背中が丸くなっていると、背骨はその丸くなった状態で固まっていきます。これが、いわゆる猫背です。肺を膨らませるには肋骨を持ち上げる必要があるのですが、肋骨は背骨と繋がっているため、背中を伸ばしていかなくては肋骨もなかなか持ち上がってくれません。もちろん、背骨が硬くなることで該当神経の伝達不良を起こしたり、過度な筋緊張を引き起こすなどの不調も現れます。
本整体で社、硬くなってきている背骨に動きをつけて柔軟性を取り戻しつつ、丸くなって咬み合わせが悪くなった背骨の関節の咬み合わせを整えて背中が伸ばしやすくなるようにしていきます。

上部胸椎の整体
上部胸椎のゆがみを表したイラストです最近急激に増えているのが、この部分の極端なゆがみです。これはデスクワークスマートフォン操作などで顔を下げる機会が増えているからだと考えられますが、悪化すると慢性的な偏頭痛ストレートネック頸部脊柱管狭窄症などに繋がっていくので、早期の治療が必要です。
本整体では、丸く固まってしまった上部胸椎に動きをつけて、徐々に伸ばしていきます。上部胸椎は一般的な整体・カイロプラクティックでは調整困難とされる部位です。

第一・第二肋骨の整体
第一肋骨のイラストです美容院などで肩を揉まれた際に「肩に鉄板でも入っているみたいに硬いですね」などと言われたことはありませんか?実はこれ、あながち間違ってはいないのです。なぜなら【鉄板】と表現されたそれは【骨】だからです。骨だからいくら揉んでも軟らかくはなりません。痛いだけです。
本整体は、呼吸に合わせて軽く第一・第二肋骨を動かしていきます。正常な位置に肋骨が治まってくると、本当に「冗談でしょ?」というくらい肩の硬さが和らいでいきます。おそらく、第一・第二肋骨の整体技術を持っているのは当院だけです。

CONTACT

ABOUT

◦◦◦◦◦受賞認定証◦◦◦◦◦
【柔道整復師会 会長賞】
柔道整復師会 会長賞
 
【柔道整復師免許】
 柔道整復師免許
【柳生心眼流 活法術】
柳生心眼流 活法術
【柳生心眼流 腱引き師】
柳生心眼流 腱引き師

整体たいむ
162-0825
東京都新宿区神楽坂3-2
Kヒルズ101号室
JR飯田橋駅西口徒歩5分
地下鉄飯田橋駅B3出口徒歩3分
東西線神楽坂駅徒歩8分
平日 13時~22時(最終21時)
土曜 11時~17時(最終16時)
日祝祭日休診 
※ 完全予約制となります 
090-6318-8143
seitaitaimu@gmail.com 

◦◦◦◦当院の治療実績◦◦◦◦
【腰痛】椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・腰部脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・腰椎分離症・腰椎分離すべり症・妊娠中の腰痛・産後の腰痛・交通事故の後遺症・椎間板症・椎間関節の痛み・ストレス性の腰痛・慢性腰痛・お尻の痛み・圧迫骨折・背中の痛み・その他、原因不明と診断された腰痛
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【足の痛み】股関節痛・臼蓋形成不全・変形性股関節症・弾発股・外側大腿皮神経痛・腸脛靭帯炎・大腰筋の痛み・半月板の痛み・ヒザ痛・鵞足炎・オスグット病・ランナー膝・ジャンパー膝・シンスプリント・捻挫・捻挫の古傷・モートン病・アキレス腱炎・大腿筋とふくらはぎの肉離れ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【肩の痛み】肩こり・首こり・むちうち・交通事故の後遺症・寝違え・四十肩・五十肩・胸郭出口症候群・頚肩腕症候群・頚部脊柱管狭窄症・野球肩・野球肘・テニス肘・円回内筋症候群・肘部管症候群・手根管症候群・ギヲン管症候群・TFCC損傷・手首の痛み・バネ指・突き指
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【その他】頭痛・眩暈・耳鳴り・猫背・O脚・むくみ・こむら返り・睡眠障害・不妊症・生理痛・逆子・産後の尿漏れ・便秘・下痢・慢性疲労・顎関節症
 
PAGE TOP