東京のスポーツ整体治療院【神楽坂整体たいむ】

整体法の紹介

【神楽坂整体たいむ】で行う整体法の一部をご紹介

まず始めに、極々簡単に当院【神楽坂整体たいむ】の整体法について説明しておきます。
当院の整体法は、マッサージやストレッチを受けている感覚とほぼ同じです。
それなのに、マッサージやストレッチ専門院さんでは得られない効果が実感できるのは、人体の仕組みへの理解の違いです。
「この筋肉が硬いと、ここが引っ張られてこういうゆがみが作られる」
「この症状がここに出ているということは、この関節に制限があるはずだ」
人の体にはこのような「AだからB」ということが多数存在します。
それを見つけて適切に処置する方法として、当院では患者さんへのリスクが少ないマッサージやストレッチという方法を選択しています。
状態によっては痛みを伴いますが、避けては通れないものもあるのでご理解ください。


整体施術のイメージ画像です



肋骨(肺)の整体

呼吸と肋骨の関係を示したイラストです最近、深呼吸はしましたか?
呼吸が浅くなると肺がしぼんできてしまいます。
肺がしぼんでくると、それに合わせて肋骨にもゆがみがあらわれます。
どのようなゆがみかというと、肋骨上部は下がってきて、下部は拡がってくるゆがみです。
パッと見、胸が薄くなり、お腹が出る…という印象ですね。
もちろん、人それぞれ程度の差はありますが。

肋骨(肺)の整体では、肋骨の上部のつまりを取り除き、胸を縦横に開きやすくしていきます。
また、肋骨の下部は上部下部の境界線の陥凹を伸ばして引き締めていきます。


肩関節の整体

肩関節の構成骨格図です現在の私たちの生活スタイルは、肩が巻き込んでいきやすいものになっています。
これ自体は現代社会で生きているので、致し方ないかもしれません。
しかし、これをリセットせずに放置していると、上腕骨がねじれたり詰まったりして肩の動きを制限するようになります。
こうなると、肩関節だけで済む運動に肩甲骨を使わなくてはいけなくなり、僧帽筋が短縮・硬化して肩凝りや頭痛といった症状に繋がります。
また、肩の可動域が狭くなった状態で使い続けていると、いつか肩の筋肉や腱を傷めてしまいます。
所謂【四十肩】というヤツですね。
肩関節の整体では、この上腕骨の捻じれやつまりを和らげて、関節自体にゆとりをつくり、納まりを安定させていきます。


肩甲骨の整体

肩甲骨の位置を示したイラストです肩甲骨は正常な位置に納まりにくい骨です。
それは、関節としてちょっと特殊な構造をしていて、周辺の筋肉・骨格の影響を強く受けるからです。
特に鎖骨の状態は注目に値します。
肩甲骨の良し悪しは鎖骨を診ればわかると言っていいくらいです。
そんな肩甲骨ですが、位置が正常な位置からズレてくると、可動域に制限が出てきます。
すると、本来肩甲骨が動くべき動作を肩関節が代替するようになり、肩関節に無理がかかって傷めてしまうリスクが上がります。
肩甲骨の整体では、鎖骨に注目しながら肩甲骨の位置を動かしてしまう筋肉をほぐして和らげていきます。
よく「なで肩」は良くない…と聞きますが、正常な位置に肩甲骨が納まると「なで肩」になります。



骨盤の整体
骨盤のゆがみを示したイラストです骨盤のゆがみには①骨盤を形成する骨同士(主に仙腸関節)のゆがみ②ユニットとしての骨盤のゆがみの2つがあります。
どちらの方が大事ということはなく、どちらも大事ですし、どちらのゆがみが患者さんにとって大きな影響を与えているかが大事だと思います。
骨盤のゆがみが大きくなると腰痛は当然として、足の痺れや神経痛股関節痛などにも繋がります。
骨盤の整体では、①仙腸関節のつまりを和らげて動きを復元したり②ユニットのに不要なストレスをかけている腰や股関節の筋肉を和らげてバランスを戻していきます。



背骨の整体

背骨のバランスを示したイラストです背骨は構造上丸くなりやるいです。
所謂「猫背」ですね。
丸くなると、背骨の前側に圧力が加わりやすくなるのですが、その時に負担がかかるのが椎間板です。
椎間板ヘルニア椎間板のすり減りというワードは誰しも一度は耳にしたことがあると思います。
それにはこういったベースがあるのです。
そして、この状態が続くと、今度は背骨が少しだけ前にズレるようになります。
すると、背中を伸ばしても背中の関節がしっかりとハマらなくなってしまい「力を入れて頑張っていないと背中を伸ばし続けられない」ようになってしまいます。
更に、スポーツにおいても上半身と下半身の動きを繋げるには背骨が伸びている必要があるため、パフォーマンスにも大きく影響してきます。
背骨の整体では、硬くなった背骨を動かし、伸びやすい状態を作っていきます。


上部胸椎の整体

上部胸椎のゆがみを表したイラストです最近急激に増えているのが、この部分の極端なゆがみです。
これはデスクワークスマートフォン操作などで顔を下げる機会が増えているからだと考えられます。
そして、これが悪化すると慢性的な偏頭痛ストレートネック頸部脊柱管狭窄症などに繋がっていきます。
しかし、非常に困ったことにこの部分は一度丸くなって固まるとかなり動かしにくいです。
そのため、一般的な整体・カイロプラクティックさんでは治療困難部位の1つにも挙げられています。
当院の上部胸椎の整体では、この部分に楔を打ち、その状態で影響を及ぼす他部位に対して刺激を加えて間接的にほぐし、徐々に動かして伸ばしていきます。


第一肋骨と第二肋骨の整体

第一肋骨のイラストです美容院で肩を揉まれた際に「肩に鉄板でも入っているみたいに硬いですね」と言われたことはありませんか?
実はこれ、あながち間違ってはいません。
なぜなら「鉄板」と表現されたそれは「骨」だからです
骨だからいくら揉んでも軟らかくはなりません。
痛いだけです。

本整体は、呼吸に合わせて軽く第一・第二肋骨を動かしていきます。
正常な位置に納まってくると、肩の硬さが骨の硬さだったことを実感できるでしょう。
おそらく、第一・第二肋骨の整体技術を持っているのは東京でも僅かだと思います。




ご予約用メールフォーム

スポーツのパフォーマンスアップを整体で。
トップアスリートの経験を持つ院長が【上手な体の扱い方】をアドバイス。


整体たいむ
162-0825
東京都新宿区神楽坂3-2
Kヒルズ101号室
JR飯田橋駅西口徒歩5分
地下鉄飯田橋駅B3出口徒歩3分
東西線神楽坂駅徒歩8分
平日 13時~22時(最終21時)
土曜 11時~17時(最終16時)
日祝祭日休診 
※ 完全予約制となります 
090-6318-8143
seitaitaimu@gmail.com 

◦◦◦◦当院の治療実績◦◦◦◦
【腰痛】椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・腰部脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・腰椎分離症・腰椎分離すべり症・妊娠中の腰痛・産後の腰痛・交通事故の後遺症・椎間板症・椎間関節の痛み・ストレス性の腰痛・慢性腰痛・お尻の痛み・圧迫骨折・背中の痛み・その他、原因不明と診断された腰痛
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【足の痛み】股関節痛・臼蓋形成不全・変形性股関節症・弾発股・外側大腿皮神経痛・腸脛靭帯炎・大腰筋の痛み・半月板の痛み・ヒザ痛・鵞足炎・オスグット病・ランナー膝・ジャンパー膝・シンスプリント・捻挫・捻挫の古傷・モートン病・アキレス腱炎・大腿筋とふくらはぎの肉離れ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【肩の痛み】肩こり・首こり・むちうち・交通事故の後遺症・寝違え・四十肩・五十肩・胸郭出口症候群・頚肩腕症候群・頚部脊柱管狭窄症・野球肩・野球肘・テニス肘・円回内筋症候群・肘部管症候群・手根管症候群・ギヲン管症候群・TFCC損傷・手首の痛み・バネ指・突き指
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【その他】頭痛・眩暈・耳鳴り・猫背・O脚・むくみ・こむら返り・睡眠障害・不妊症・生理痛・逆子・産後の尿漏れ・便秘・下痢・慢性疲労・顎関節症
 
PAGE TOP