東京のスポーツ整体治療院【神楽坂整体たいむ】

スポーツ障害とは

スポーツでケガをする理由

スポーツ障害とは?
スポーツで負う【ケガ】全般を総称してスポーツ障害と呼びます。そのため、障害とはいうものの、実際には「障害」ではまく「ケガ」となります。


スポーツ障害の種類
一般的にはスポーツ障害は①急性②亜急性③慢性の3つに分けられています。

急性
スポーツをしている最中に突発的に発生したケガのことで、骨折や脱臼の他、靱帯損傷や肉離れなど比較的重症のケガが多く診られます。このケガでは、まずは損傷した組織を無事に再生させることが最優先となるため、そのための設備が整った整形外科での治療が第一となります。

亜急性
日々の疲労や負担の蓄積によって発生したケガのことで、疲労骨折やヘルニア、筋腱付着部炎や腱鞘炎など腫れが目立たないケガが多く診られます。このケガでは、手技やアドバイスといった施術者のスキルが大きく関与するため、スポーツ障害・スポーツ整体・スポーツ整形外科などの分野に明るい先生に診てもらうのが大切です。

慢性
明確な原因がわかっていないが繰り返し同じ部位を痛めるケガや、後遺症・変形などで既に痛むのが当たり前になっている状態のことで、腰痛や関節痛など地味な痛みが続く・残るものが多く診られます。このケガは整形外科の専門分野外となるので、スポーツ整体に自信のある先生に診てもらわなくては改善は難しいです。



これが一般的なスポーツ障害の種類分けです。イメージとしては「突然痛くなった」「だんだん痛くなってきた」「ずっと痛い」そんな感じで分けています。これに対して【神楽坂整体たいむ】では、そのスポーツ障害が「選手自身に起因するものなのか、そうではないのか」という点に注目してスポーツ障害の種類分けをしています。

外部要因でおこるスポーツ障害
スポーツは自分一人で行うものもありますが、多くは(敵味方の区別なく)他の選手と同じフィールドに立ってプレーします。そのため、予期せぬ接触や意図的な干渉によって負ってしまうケガも少なくありません。これが外部要因で起こるスポーツ障害です。当然のことながら、他選手との接触がある競技に多く、事故的な側面が強いケガです。また、外部から強い力が加わるため、大きなケガに繋がりやすい傾向があり、骨折・脱臼・靭帯損傷・半月板損傷など、長期の離脱を余儀なくされるケガに多い要因です。そして、これらのケガは損傷が激しく・炎症も強いため、神楽坂整体たいむのみで治療を行うのではなく、整形外科を併用して治療していくことが必須です。

内部要因によるスポーツ障害
こちらは競技者自身に何かしらの原因があって起こっているケガです。例えば、練習のやりすぎ・ウォーミングアップやクールダウンなどのケア不足・競技特性による局所の酷使といった原因が考えられます。これらは基本的には競技者自身でコントロール可能な範囲で起こっているといえるので、競技者自身に原因があるという意味で内部要因と呼んでいます。

オーバーワーク
スポーツで体を使えば、当然疲労します。この疲労が選手個人の回復力よりも多い時、回復しきれない疲労が蓄積していき、患部が限界に達したところでケガが起きます。わかりやすい例をあげると、ランナーのシンスプリントや疲労骨折がコレにあたります。

ケア不足
オーバーワークと似ていますが、こちらは疲労が大きいというよりはケアが足りていなくて回復力が不足し、それによって疲労が蓄積していって起こるタイプのケガです。また、ウォーミングアップ不足などで体が硬くなっているときに起こるのもこのタイプです。オーバーワークと区別しにくいと思いますが、こちらの代表例をあげるなら肉離れになると思います。

競技特性による局所の酷使
スポーツは決まったルールの中で行うため、どうしても競技によって酷使してしまうところが出てきます。例えば、ランナーならヒザを痛めやすいですし、野球なら肩や肘を痛めやすいです。このように、競技によって特徴的なケガが多いため、ランナー膝・ジャンパー膝・スイマー肩・クライマー肩・野球肩・野球肘・テニス肘・ゴルフ肘などのように、競技と痛めやす部位を合わせた名称をつけられているものも少なくありません。



まとめ
このように、神楽坂整体たいむではスポーツ障害の急性・亜急性・慢性に関わらず、外部要因なのか、それとも内部要因なのかでスポーツ障害を診ています。これは、当院のスポーツ整体が選手自身の体の使い方を改善させることで症状の緩和・改善を目指しているからです。そして、この考え方は選手自身がスポーツ障害に悩んだ時、どういう治療院(整形外科なのか整体院なのか)を選べばいいかという判断の助けになると思います。さぁ、あなたがお悩みのケガ(スポーツ障害)は外部要因でおきたものですか?それとも、内部要因でおきたものですか?

ご予約用メールフォーム

えっ? 整体!?
スポーツのパフォーマンスアップに!?

スポーツ整体で動かしやすい体を作り、元トップアスリートがソッと教える運動のコツを身につけて、明日は今日のあなたより少しだけ運動ができるあなたに。


整体たいむ
162-0825
東京都新宿区神楽坂3-2
Kヒルズ101号室
JR飯田橋駅西口徒歩5分
地下鉄飯田橋駅B3出口徒歩3分
東西線神楽坂駅徒歩8分
平日 13時~22時(最終21時)
土曜 11時~17時(最終16時)
日祝祭日休診 
※ 完全予約制となります 
090-6318-8143
seitaitaimu@gmail.com 

◦◦◦◦当院の治療実績◦◦◦◦
【腰痛】椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・腰部脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・腰椎分離症・腰椎分離すべり症・妊娠中の腰痛・産後の腰痛・交通事故の後遺症・椎間板症・椎間関節の痛み・ストレス性の腰痛・慢性腰痛・お尻の痛み・圧迫骨折・背中の痛み・その他、原因不明と診断された腰痛
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【足の痛み】股関節痛・臼蓋形成不全・変形性股関節症・弾発股・外側大腿皮神経痛・腸脛靭帯炎・大腰筋の痛み・半月板の痛み・ヒザ痛・鵞足炎・オスグット病・ランナー膝・ジャンパー膝・シンスプリント・捻挫・捻挫の古傷・モートン病・アキレス腱炎・大腿筋とふくらはぎの肉離れ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【肩の痛み】肩こり・首こり・むちうち・交通事故の後遺症・寝違え・四十肩・五十肩・胸郭出口症候群・頚肩腕症候群・頚部脊柱管狭窄症・野球肩・野球肘・テニス肘・円回内筋症候群・肘部管症候群・手根管症候群・ギヲン管症候群・TFCC損傷・手首の痛み・バネ指・突き指
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【その他】頭痛・眩暈・耳鳴り・猫背・O脚・むくみ・こむら返り・睡眠障害・不妊症・生理痛・逆子・産後の尿漏れ・便秘・下痢・慢性疲労・顎関節症
 
PAGE TOP