東京のスポーツ整体治療院【神楽坂整体たいむ】

四十肩・五十肩のリハビリ法

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩の誤解
四十肩はとても痛く、腕を上げるのが困難なほどです。
しかし、だからといって動かさないでいると
関節が固まって動かなくなってしまいます。
だから「多少痛くても我慢して動かしましょう」
ということを言われたり、実際に指導されたりします。
しかし、これは間違いです。
ここでは、四十肩の病態を解き明かし
それに基づいたリスクの少ないリハビリ法を紹介していきます。

四十肩はなぜ痛いのか?

 四十肩は肩の筋肉の損傷です
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
簡単にいえば、肉離れに近い感じです。
肉離れを経験したことがある人ならわかるのですが
傷めた筋肉に負荷をかけると激痛です。
よく診られる下腿や大腿の肉離れであれば
慣れれば傷めた筋肉にかかる負荷を最小限に抑えて
歩くことも可能なのですが
肩の場合は、基本的にはどう動かしても負荷がかかります。
そのため、ちょっとでも動かすと激痛に襲われるのです。
ちなみに、損傷初期(7~10日)は炎症期ですので
その程度によっては、安静にしていても痛むことがあります。

四十肩はなぜ動かせなくなるのか?

 肩を動かせない期間が長いからです
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
先ほど説明したように、四十肩はもの凄く痛いので
その痛みで肩を動かすことができません。
そのため、痛みが軽くなるまでの間
場合によっては数ヵ月、肩を動かしません。
人の関節は動かしていないと、筋肉や関節包が硬くなり
そのせいで関節が固まってしまい、動かせなくなります。
つまり、痛みを避けて動かさないでいるから動かなくなるのです。
あれ?
 痛いから動かさない ⇨ 動かさないから固まる
ということは、やっぱり無理してでも動かした方がいい?
いえいえ、そんなわけありません。

無理して動かさない方がいい理由

 肩の肉離れだからです
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ここで、肉離れがどんな状態なのか復習しておきましょう。
簡単にいうと
筋肉が引っ張られて部分的に引きちぎられた状態です。
痛そうですね。
こんな状態の筋肉を引っ張たり、収縮させたら
痛いどころか余計に損傷が酷くなると思いませんか?
そうなんです。肩は足と違って
どう動かしても傷めた筋肉に負荷がかかってしまいます。
そのため、無理に動かしても損傷を悪化させるだけなんです。
… ある角度を除いては。。

ローリスクリハビリ法

そこで紹介したいのが
当院がおすすめしている四十肩のローリスクリハビリ法です。
ローリスクなので、絶対安全というわけではありませんが
それでも、他のリハビリよりは格段に安全で効果的です。
 やり方
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.手の平を上に向けます
2.そのまま腕を前から挙げていきます
3.動かせる限界まで挙げたら、手の平を下向きに返します
4.手を下ろします
5.1~4を数回繰り返します
 ポイント
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◦ 痛みを感じない範囲で行って下さい
 ◦ 目線で手を追うように行って下さい
 ◦ 3で手の平を返す時、痛かったら返さなくても大丈夫です

この方法が効果的な理由

 傷めた筋肉に負担がかかりにくい角度で動かせる
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
これに尽きます。
なぜなら
傷めた筋肉に負担がかかりにくい … ということは
傷めた筋肉の悪化を防げる・損傷部の回復の邪魔をしないで済む
ということになり
関節を動かすことができる … ということは
関節が硬くなるのを防ぐことができる
ということになります。
つまり、治るのが早くなるということですね。

気をつけてほしい事

 痛い時は無理をしない
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
再三にわたって伝えさせていただきますが
四十肩は肩の肉離れのようなものです。
そして『痛み』は、損傷部に負担がかかっているサインです。
損傷部に負担がかかると
それを悪化させたり、回復の邪魔をしてしまうので
痛むかどうかを運動範囲の基準にしてみて下さい。
 四十肩の経過を理解する
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
一般的に、四十肩は発症してから治るまで
数ヵ月~2年ほどかかると言われています。
ということは、早くても数ヵ月はかかると考えておいてください。
それを前提にして話を進めます。
7~10日:炎症期…基本は安静第一です
10~20日:回復準備期…体が肩を治すための材料を集めています
20~50日:第一回復期…ゆっくりと治り始めます
50日~:第二回復期…回復が加速していきます
ザックリとこんな感じになります。
再受傷やリハビリ不足で治癒までの期間が延びていきます。
 完璧は求めない
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
全てにおいてそうですが、完璧は求めないで下さい。
このリハビリ法を取り入れたからといって
翌日には良くなるというものではありません。
また、真上まで挙げられないと意味がないわけでもありません。
0よりは1、1よりは5
最初は水平くらいまでしか上げられなくてもいいんです。
それを地道に繰り返し、積み重ねることで
少しずつ硬さが和らぎ、動かせるようになります。
今日よりも明日、明日よりも10日後に少しでも良くなっているよう
今できる範囲のことを無理なく行って下さいね。
きっと大丈夫ですよ。

最後に

当院では、このように根本の原因に沿った
アドバイスをさせていただいています。
また、当院の特徴でもある肺(呼吸)を
意識した治療やケアを加えていけば
肩の動きを助ける肩甲骨を活用することができるようになります。
もし、あなたがからだの不調でお悩みでしたら
1人で悩まず、一度お気軽にご相談くださいね。
 電話 : 090-6318-8143
メール : seitaitaimu@gmail.com
 TOP : http://www.seitaitaimu.com

四十肩や五十肩の痛みでお悩みなら東京でゴッドハンドと評判の神楽坂整体たいむにご相談ください。

東京で四十肩・五十肩など、肩の痛みの治療をしてくれる治療院をお探しなら、神楽坂整体たいむにお任せ下さい。

四十肩・五十肩などの肩関節周囲炎は、痛みが強く、肩が上がらない・洋服の脱ぎ着ができない・電車の吊革につかまれない・腰に手が回せない … など、日常生活でとても不便な状態になります。ひどい人では、痛みで寝ることもできなくなることも。
四十肩や五十肩の治療は
病院や整形外科では湿布と飲み薬だけで終わりのことが多いので、もっとちゃんと治療をしてほしいとお考えでしたら、神楽坂整体たいむの治療を試してみる価値はあると思います。日本全国でトップクラスのスポーツ実績と日本柔道整復師会会長賞を受賞していることが信頼の証です。

手が上がらない・後ろに回らない・ある角度で痛みが出る…こんな症状がある場合は、四十肩・五十肩かもしれません。四十肩、五十肩はその名の通り40~50代によく起きることから、四十肩・五十肩と呼ばれ、肩周りの筋肉・骨・関節包が何かしらの炎症が起きている状態のことをいいます。四十肩・五十肩の原因は、運動不足による組織の老朽化をベースに、わずかな動きでその組織を傷めてしまったことが考えられます。組織の損傷、つまり肉離れのようなものです。そのため、痛みを感じ始めたばかりの頃は、炎症が治まるまでの約10日前後は強い痛みが続くため、この期間は極力安静にし、悪化させないことが重要です。ハッキリ言って、この期間に手技療法などで刺激を加えるのは得策ではありません。まずは整形外科にて炎症止めの注射と飲み薬を処方してもらい、炎症の早期収束に努めましょう。その後、激しい痛みが落ち着いてきたら、いよいよ整体などの手技療法が症状の改善に役立てますので、神楽坂整体たいむにお越し下さい。
東京の神楽坂整体たいむでは、痛んでいる肩自体よりも、肩に影響を及ぼすゆがみを整え、肩を動かす際の負担を軽減させることで四十肩・五十肩の痛みを軽減していきます。 
その上で首から肩・肩甲骨周り・腕・鎖骨周りなどを調整し、痛みや緊張を和らげていきます。今まで良くならず諦めかけていたという患者さんも当院で何人も改善しております。
あなたも神楽坂整体たいむが最後だと思って、
 ぜひ一度ご相談ください。

コラム集

当院で作成しているからだのコラム集です。
私の身体観はいささかマニアックですが
からだへの理解を深める一助となるかもしれません。
もし、興味のあるものがあったらご一読ください。

神楽坂で整体を受けるなら【整体たいむ】

院名 整体たいむ
所在地 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3-2 Kヒルズ101号室
連絡先 090-6318-8143
概要 神楽坂で整体の施術を受けたい方は、飯田橋駅B3出口より徒歩3分の整体サロン【整体たいむ】へ。肩こりや腰痛などの身体の不調をケアする施術をはじめ、元アスリートの経験を活かしたスポーツ整体など、一人一人に合わせた施術を行いますので、お気軽にご相談ください。
URL http://www.seitaitaimu.com

CONTACT

ABOUT

◦◦◦◦◦受賞認定証◦◦◦◦◦
【柔道整復師会 会長賞】
柔道整復師会 会長賞
 
【柔道整復師免許】
 柔道整復師免許
【柳生心眼流 活法術】
柳生心眼流 活法術
【柳生心眼流 腱引き師】
柳生心眼流 腱引き師

整体たいむ
162-0825
東京都新宿区神楽坂3-2
Kヒルズ101号室
JR飯田橋駅西口徒歩5分
地下鉄飯田橋駅B3出口徒歩3分
東西線神楽坂駅徒歩8分
平日 13時~22時(最終21時)
土曜 11時~17時(最終16時)
日祝祭日休診 
※ 完全予約制となります 
090-6318-8143
seitaitaimu@gmail.com 

◦◦◦◦当院の治療実績◦◦◦◦
【腰痛】椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・腰部脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・腰椎分離症・腰椎分離すべり症・妊娠中の腰痛・産後の腰痛・交通事故の後遺症・椎間板症・椎間関節の痛み・ストレス性の腰痛・慢性腰痛・お尻の痛み・圧迫骨折・背中の痛み・その他、原因不明と診断された腰痛
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【足の痛み】股関節痛・臼蓋形成不全・変形性股関節症・弾発股・外側大腿皮神経痛・腸脛靭帯炎・大腰筋の痛み・半月板の痛み・ヒザ痛・鵞足炎・オスグット病・ランナー膝・ジャンパー膝・シンスプリント・捻挫・捻挫の古傷・モートン病・アキレス腱炎・大腿筋とふくらはぎの肉離れ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【肩の痛み】肩こり・首こり・むちうち・交通事故の後遺症・寝違え・四十肩・五十肩・胸郭出口症候群・頚肩腕症候群・頚部脊柱管狭窄症・野球肩・野球肘・テニス肘・円回内筋症候群・肘部管症候群・手根管症候群・ギヲン管症候群・TFCC損傷・手首の痛み・バネ指・突き指
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【その他】頭痛・眩暈・耳鳴り・猫背・O脚・むくみ・こむら返り・睡眠障害・不妊症・生理痛・逆子・産後の尿漏れ・便秘・下痢・慢性疲労・顎関節症

PAGE TOP