東京のスポーツ整体治療院【神楽坂整体たいむ】

足のスポーツ障害

足のスポーツ障害

足のスポーツ障害には
足首の捻挫・アキレス腱炎・肉離れ・シンスプリントなどがあります。
稀にアキレス腱断裂などの重症例もありますが
大半は上記のような怪我で
痛いなりにトレーニングを休むことができないものだと思います。
そこで、ここではそのような怪我を抱えている人のために
少しでも役に立ちそうな情報を提供していきたいと思います。

足のスポーツ障害の特徴

足のスポーツ障害は
重症といえるアキレス腱断裂だろうが、比較的重症ではない
足首の捻挫・アキレス腱炎・肉離れ・シンスプリントも全てが
基本的には軟部組織の損傷です。
極々稀に、事故のような衝撃を受けて
足首の脱臼(脱臼骨折)や骨折が起きますが
このような時は整体やセルフケアではどうにもならないので
ここでは扱わず、主に多くの人が抱える
軟部組織の損傷にスポットを当てて考えていきます。

足のスポーツ障害に軟部組織の損傷が多い理由

足のスポーツ障害の大半は軟部組織の損傷です。
捻挫もアキレス腱炎も肉離れもシンスプリントもそうです。
(シンスプリントは重症化すると疲労骨折を起こします)
では、なぜこれらの組織が傷んでしまうのでしょう?
これには3つの理由があります。

 1.足には体の全体重がかかっている
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
体の最も低い所にあるのが足です。
そのため、当然体の全体重が足にかかっています。
ということは、当然のことながら
足には常に大きな負担がかかっているということです。
本来、足にはこれを軽減する機構がキチンと備わっているのですが
上手く機能していないとこれらの負担は倍増します。

 2.日常的に負荷がかかりやすい
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
トレーニング中もそうですが
日常生活においても足には常に一定以上の負荷がかかっています。
歩かずに生活することなんてできないわけですから
当然といえば当然ですよね。
このように、足の筋肉などを休ませたくても
普通に生活していたのでは、なかなか休ませてあげることが
難しいのが足なのです。

 3.体のゆがみの影響を受けやすい
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
繰り返しになりますが、足は体の最も低い所にあります。
そのため、体のゆがみの影響を受けやすくなっているのです。
なぜなら、体がゆがむと重心が崩れるのですが
その崩れた重心を最終的に受けるのが足だからです。
特に、重心が前に偏るとアーチや足首が持つ
荷重緩衝機構が作用しなくなるため、足の負担が増加します。
そして、多くの人が通常よりも前重心になっているのです。

足の負担を軽くする荷重緩衝機構

補足です。
足は体の全体重を受ける割に筋肉が大きくありません。
それは、体を支えるよりも細かいバランス調整を行う方が
重要だからです。
そのため、足にある筋肉は小さな筋肉が多く
それぞれに別の役割を担っています。
しかし、体の全体重が乗っかっているのも事実です。
これに対応するために作られているのが足の荷重緩衝機構です。

 1.足のアーチ構造
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
私に言われるまでもなく思いついたと思いますが
このアーチは各足根骨と中足骨、それを強固に繋ぐ靭帯群
そして、それを吊り上げる前後の脛骨筋でできています。
これが強固なクッションの役割を果たして
足にかかる荷重を緩衝してくれています。

 2.足首を軸としたテコ構造
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
こちらは単純運動時にとても使われている機能です。
支点が足首、力点がふくらはぎ、作用点が爪先となっています。
歩いている時を想像して下さい。
カカトからついて、爪先に向かって体重移動が行われる時
爪先に体重が乗るほどふくらはぎがゴムのように収縮し
その反発力を利用して足が地面を蹴っています。
これは、運動時に足にかかる負荷を
足で最も強い下腿三頭筋で受けるための機構です。
これのお陰で、バランサーとなる細かい筋群が守られています。

足のスポーツ障害になる人とならない人の違い

ここまでで気付いた人もいるかもしれませんが
実は足のスポーツ障害は
ほとんどがふくらはぎで発生しています。
足首の捻挫は事故のようなものですが
アキレス腱断裂・アキレス腱炎・肉離れ・シンスプリント
全て、ふくらはぎです。
ということは、ふくらはぎへの負荷のかかり方の違いが
足のスポーツ障害になる人とならない人の違いに関係していると
想像することができますね。
では、ふくらはぎに負担がかかってしまう理由を考えていきましょう。

 1.足首のズレ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
足首は足が持つ荷重緩衝機構の1つで
テコの軸になっている部分です。
この部分がズレていると、テコの支点がズレてしまうだけでなく
関節の可動域も狭くなってしまいます。
そのため、これの力点となっている下腿三頭筋(アキレス腱)に
通常よりも大きな負担がかかるようになるのです。

 2.からだのゆがみと重心のズレ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
多くの人は体がゆがむと重心が前に偏ります。
これには、人体の構造的に2つの理由があります。
1つは、人の関節が前後に動きやすく左右に動きにくいこと。
もう1つは、後ろに反らすより前に曲がりやすいことです。
そのため、体がゆがんで重心がズレてくると
ゆがみによって様々な経過をたどりますが
結局は重心が前寄りになってくることがほとんどです。
このようにして、重心が前に偏ってくると
足の荷重緩衝機構の一翼を担っいるアーチ構造が
上手く機能しなくなります。
すると、アーチ構造で負担していた過重負荷を足首を軸とした
テコ機構で負担しなくてはならなくなります。
厳密にいえば、膝を曲げることで大腿四頭筋でも受けてくれますが
それを加味しても、正常時に比べて下腿三頭筋(アキレス腱)に
大きな負担を強いることになるのは変わりません。

足のスポーツ障害を治す・和らげるには?

ここまでで、足のスポーツ障害はその多くがふくらはぎで起き
その原因が足首のズレや体のゆがみなどによって
ふくらはぎにかかる負担が増えていることだとわかりました。
では、これらのスポーツ障害を治す・和らげるには
どうしたらいいのでしょう?
ここではその方法を紹介していきます。

 1.足首のズレを治す方法
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
足首は多くの場合、前にズレています。
これは、足首の骨が前が大きく、後ろが小さい台形になっていて
構造上、前にズレやすい構造になっているからです。
これは本来、足首が曲がりすぎない(背屈)ための構造ですが
それが裏目に出て、関節の前ズレを起こしているのです。
そして、足首が前にズレると、それに伴って腓骨が下がってきます。
腓骨が下がると、外くるぶしが邪魔をして
足首が曲がり(背屈)にくくなるとともに
後ろに戻るのも妨げてしまいます。
当院では、独自の整体法によって腓骨の位置を戻し
足首への制限を取り除いた後に、足首を元の位置に戻します。

 2.体のゆがみによる重心の前ズレ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
患者さんによって原因が様々なので、一概には言えませんが
骨盤・肺・腕・首などなど
様々な原因によって体の重心が崩れ、前に偏るようになります。
当院では、それぞれの原因に対して
適切な整体法を用いてこれらのゆがみを整え
重心の位置を戻していきます。

足のスポーツ障害を治すセルフケア

ここまでは足のスポーツ障害になる原因や
それに対して当院で行っている治療法を
紹介してきました。
次は、手軽にできる簡単なセルフケアを紹介しようと思います。
では、そのケアを行う前に
簡単なチェックをして現状を確認しておきましょう。

 チェックのやり方
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.イスに座るか、床に長座をして下さい
2.両方の足首を手を使わずに曲げ伸ばしして下さい
3.両方の足首を手を使って曲げ伸ばしして下さい
4.立って、アキレス腱を伸ばして下さい
5.2~4の時の硬さや張りをよく覚えておいて下さい

チェックはコレだけです。
次はいよいよセルフケアを紹介いたします。

足のスポーツ障害に効く、簡単セルフケア

ここで行っていただくのは『足首回し』です。
とても簡単ですが、続けなくては効果がわかりづらいので
ぜひ覚えてマメに行って下さい。

 やり方

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
1.イスか床に座って下さい
2.回す方の足首を反対のヒザ上に乗せます
3.足と同じ方の手でくるぶしを押さえて下さい
4.反対の手の指を足の指の間に突っ込みます
5.突っ込んだ手を軽く握り、足首を大きく回して下さい
 ※ 内回し10回、外回し10回


 ポイント
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ◦ はじめはキレイに回らないので、無理をしないで下さい
 ※ カクッ、カクッ、カクッ…とスムーズじゃない
 ◦ 足の指の間に手の指を突っ込むことで骨間筋が和らぎます

 再確認(チェック)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ケアを行う前に試していた動きをチェックしてみて下さい。
本ケアは毎日続けることで少しずつ効果が現れてくるので
1回2回行ってくらいでは変化がわかりづらいですが
少しずつ軟らかくなってくるはずですよ。
また、足先が温かく感じてくると思います。

足のスポーツ障害に『足首回し』が効く理由

本ケアは、残念ながらすぐに効果を実感できるものではありません。
そのため「本当に効くの?」と思う人もいると思います。
そこで、このケア『足首回し』が効く理由を説明しようと思います。

 1.足首周りの筋緊張が少し和らぐ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
足首を回すことで、足首を通る筋肉に
軽い伸長刺激とと収縮運動が加わります。
筋肉は、軽い刺激の伸縮運動が加わることで
緊張が和らぐものなのです。
また、その際に起こる筋自身のポンプ作用によって
筋肉内の血液循環が促され
老廃物の排出・栄養素と酸素の供給が行われます。
これにより、筋肉の代謝が上がり回復が早まるのです。

 2.腓骨が動きやすくなる
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
足首が硬いということは、腓骨が下がっているということです。
腓骨ひ下がってくると、そこで固まってきてしまいます。
こうして腓骨が硬くなると、足首が硬くなるだけではなく
脛骨と腓骨にまたがってついている筋肉が
バランスよく働けなくなってしまうのです。
なぜなら、本来腓骨は脛骨に寄り添うように位置し
足首の動きに合わせて、若干の上下運動と
脛腓間を開閉する作用を持っているからです。
この腓骨の動きがキチンと行われていると
脛骨と腓骨にまたがって付いている筋肉、すなわち
前後の脛骨筋・腓腹筋・ヒラメ筋などといった
主に足の荷重緩衝機構で使われている筋肉が
バランスよく力を発揮することができるようになるのです。
そのため、足首を回すことで、硬くなった腓骨に刺激を与え
徐々に腓骨が本来持っている動きを取り戻すことができれば
足のスポーツ障害を治す一助となり、再発の予防となるのです。

最後に

当院では、このように足のスポーツ障害に対して
独自の視点から独自の整体法をあみ出し
改善・予防のサポートを行っております。
また、ここでは足に重点を置いていたため割愛しましたが
骨盤や肺なども足への負担に影響を与えているため
当院で治療を行う場合は
患者さんの状態に合わせて、それらのケアも行っています。
もし、あなたが足のスポーツ障害を抱えていて
思ったようなプレーをすることができないとお悩みでしたら

1人で悩まず、一度お気軽にご相談くださいね。
 電話 : 090-6318-8143
メール : seitaitaimu@gmail.com
 TOP : http://www.seitaitaimu.com

アクセス

 整体たいむ ・‥… 元アスリートが営む治療院 …‥・
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂3-2 Kヒルズ101号室
平日 11~22時 (最終21時)
土曜 11~17時 (最終16時)
日曜祝日休み
090-6318-8143
seitaitaimu@gmail.com
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
JR総武線飯田橋駅西口より徒歩5分
営団地下鉄南北線・有楽町線 ・東西線
都営大江戸線飯田橋駅B3出口より徒歩3分
営団地下鉄東西線神楽坂駅東口より徒歩8分
都営大江戸線牛込神楽坂駅A3出口より徒歩5分

コラム集

当院で作成しているからだのコラム集です。
私の身体観はいささかマニアックですが
からだへの理解を深める一助となるかもしれません。
もし、興味のあるものがあったらご一読ください。

東京のスポーツ整体で足の治療なら【整体たいむ】へ

東京のスポーツ整体で足の治療をするなら
【整体たいむ】にご相談ください。
アキレス腱炎やシンスプリント、肉離れなど
足のスポーツ障害には腓骨の異常が関係しています。
【整体たいむ】で腓骨の治療を行うことで
足にかかる負担は劇的に減少します。
他院さんでは腓骨の治療は受けられませんので
足のスポーツ障害でお悩みでしたら一度ご相談ください。

また、院長も元アスリートですので
様々なスポーツ障害を経験済みです。
その経験と、過去の臨床経験から、ヘルニアなどの腰痛
野球肩・バレー肩、ランナー膝やジャンパー膝、オスグット病
野球肘やゴルフ肘・テニス肘など
様々なスポーツ障害に対して、元アスリートの経験を活かして
しっかりサポートさせていただいています。
通院中の患者さんからも
「走っても足が痛まなくなった」
「またゴルフができるようになった」
など口コミで嬉しい声をたくさん頂戴しています。

東京のスポーツ整体はアクセス良好で通いやすい【整体たいむ】へ

東京のスポーツ整体をお探しの方は
飯田橋から徒歩5分圏内と駅近で通いやすい
【整体たいむ】をお役立てください。
【整体たいむ】は、総武線・東西線・南北線・有楽町線・大江戸線と
5路線が利用可能で、駅も飯田橋を筆頭に
神楽坂・牛込神楽坂などでも通うことができるため
東京のドコにいても通えると評判です。

また、自身のアスリートとしての経験や
10年以上接骨院を経営してきた経験から
あなたの痛みの原因を探していくため
必ずやご期待に応えられると自負しております。
安心してお任せ下さい。

その他

飯田橋で腰痛のことなら【整体たいむ】

院名 整体たいむ
所在地 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3-2 Kヒルズ101号室
連絡先 090-6318-8143
概要 神楽坂で整体の施術を受けたい方は、飯田橋駅B3出口より徒歩3分の整体サロン【整体たいむ】へ。肩こりや腰痛などの身体の不調をケアする施術をはじめ、元アスリートの経験を活かしたスポーツ整体など、一人一人に合わせた施術を行いますので、お気軽にご相談ください。
URL http://www.seitaitaimu.com

CONTACT

ABOUT

◦◦◦◦◦受賞認定証◦◦◦◦◦
【柔道整復師会 会長賞】
柔道整復師会 会長賞
 
【柔道整復師免許】
 柔道整復師免許
【柳生心眼流 活法術】
柳生心眼流 活法術
【柳生心眼流 腱引き師】
柳生心眼流 腱引き師

整体たいむ
162-0825
東京都新宿区神楽坂3-2
Kヒルズ101号室
JR飯田橋駅西口徒歩5分
地下鉄飯田橋駅B3出口徒歩3分
東西線神楽坂駅徒歩8分
平日 13時~22時(最終21時)
土曜 11時~17時(最終16時)
日祝祭日休診 
※ 完全予約制となります 
090-6318-8143
seitaitaimu@gmail.com 

◦◦◦◦当院の治療実績◦◦◦◦
【腰痛】椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・腰部脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・腰椎分離症・腰椎分離すべり症・妊娠中の腰痛・産後の腰痛・交通事故の後遺症・椎間板症・椎間関節の痛み・ストレス性の腰痛・慢性腰痛・お尻の痛み・圧迫骨折・背中の痛み・その他、原因不明と診断された腰痛
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【足の痛み】股関節痛・臼蓋形成不全・変形性股関節症・弾発股・外側大腿皮神経痛・腸脛靭帯炎・大腰筋の痛み・半月板の痛み・ヒザ痛・鵞足炎・オスグット病・ランナー膝・ジャンパー膝・シンスプリント・捻挫・捻挫の古傷・モートン病・アキレス腱炎・大腿筋とふくらはぎの肉離れ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【肩の痛み】肩こり・首こり・むちうち・交通事故の後遺症・寝違え・四十肩・五十肩・胸郭出口症候群・頚肩腕症候群・頚部脊柱管狭窄症・野球肩・野球肘・テニス肘・円回内筋症候群・肘部管症候群・手根管症候群・ギヲン管症候群・TFCC損傷・手首の痛み・バネ指・突き指
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【その他】頭痛・眩暈・耳鳴り・猫背・O脚・むくみ・こむら返り・睡眠障害・不妊症・生理痛・逆子・産後の尿漏れ・便秘・下痢・慢性疲労・顎関節症

PAGE TOP