東京のスポーツ整体治療院【神楽坂整体たいむ】

スポーツで多い足のケガ3選

【スポーツで多い足のケガ3選】東京でスポーツでの足のケガに詳しいスポーツ整体なら【神楽坂整体たいむ】

スポーツでは使いすぎによるケガだけではなく、他の選手との接触などの事故によってもケガをします。
足のケガはとりわけ他の選手との接触によるケガが多く、その際の重症度も高いのが特徴的です。
そんな重症のケガから過労による痛みまで、スポーツによる足のケガには幅広く多くのケガがあります。
そんな中から、スポーツで特に多い足のケガを3つにしぼって紹介していきます。


スポーツで多い足のケガ1.足首の捻挫

スポーツをやっている人でこれをやらずにいられる人はほぼいないのではないでしょうか?
それくらい高頻度で起こるスポーツによる足のケガが足首の捻挫です。
多くの場合、アイシングをして包帯でグルグル巻きにし、2週間は安静にします。
「捻挫」の代名詞がこの足首の捻挫ですが、その病態は立派な靭帯損傷です。
それなのに「捻挫」というありふれた言葉のせいで「なんだ捻挫か」なんて思われがちです。
しかし、損傷した靭帯は損傷したその時に断端をしっかりと寄せてつけなくてはくっつきません。
それなのに「なんだ捻挫か」と甘くみられ、治療も中途半端、安静も中途半端、痛みが軽くなったらすぐに動き出してしまう…ということが多いスポーツのケガです。
これにより、千切れた靭帯が修復されず、足首に不安定性や動揺性が残ってしまうのです。
足首の捻挫、甘くみないでちゃんと治療しましょうね。


スポーツで多い足のケガ2.膝の靭帯損傷

スポーツで多い足のケガの2つめは「膝の靭帯損傷」です。
スポーツに限らず、膝の靭帯を痛めてしまうことはありますが、スポーツの現場でよく痛める靭帯は、主に内側側副靭帯と前十字靭帯の2つです。
特に、前十字靭帯はその損傷を放置してしまうと膝の安定性が著しく害されてしまうので「前十字靭帯損傷=手術」というのが定番となります。
今では内視鏡を使って置換する手術が行えるようになっていますが、それでも復帰にはかなりの時間を要し、しかも復帰後も同様のパフォーマンスが発揮できることが少ないです。
場合によっては引退のキッカケともなるケガなので、極力傷めないように注意しましょう。
なお、内側側副靭帯は前十字靭帯と一緒に傷めることが多く、優先順位で治療が疎かになりやすい靭帯なのですが、スポーツでは内側側副靭帯のサポートがかなり重要です。
このように、膝の安定性にとても重要な靭帯ですが、本当に多いスポーツのケガになります。


スポーツで多い足のケガ3.肉離れ

スポーツで多い足のケガ3つめは「肉離れ」です。
よく「足をつって筋肉が収縮したもの」を肉離れと勘違いされるケースがありますが、全く違うのでご注意ください。
肉離れは読んで字のごとく、筋肉が千切れてしまった状態のことを指します。
完全に千切れてしまっていたら「断裂」、一部が千切れていただけなら「部分断裂」。
同じ断裂ではありますが、完全に「断裂」してしまっていた場合は手術が推奨されます。
「肉離れくらいで手術なんて」と思うかもしれませんが、治療は最初が肝心。
断裂がわかったらなるべく早い時期にしっかり手術をしていただきましょう。
なお、肉離れはふくらはぎの筋肉が過労状態の時に、切り返しの動作などを行うと起こりやすいです。
スポーツで足が疲れている時には、この切り返しの動作に注意してください。


東京のスポーツ整体【神楽坂整体たいむ】が考えるスポーツによる足のケガ

東京のスポーツ整体【神楽坂整体たいむ】では、スポーツによる足のケガは「初期治療が大事」で、これを怠ったことで「古傷」として長く苦しまされることが多いのが特徴だと思います。
ですから、足のケガはまずスポーツ専門のお医者さんにしっかりと診てもらい、適切な処置と適切な過ごし方を指導してもらいましょう。
炎症も治まり、損傷組織もくっつきさえすれば、あとの機能回復訓練(リハビリ)は当院【神楽坂整体たいむ】にお任せください。
整形外科の一般的なリハビリでは実現できない早期復帰をお約束します。


スポーツ整体・身体のケア方法に関するコラム

東京でスポーツ整体をお探しなら【神楽坂整体たいむ】

院名 神楽坂整体たいむ
所在地 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3-2 Kヒルズ101号室
連絡先 090-6318-8143
営業時間

平日 13時~22時(最終21時)

土曜 11時~17時(最終16時)

定休日

日祝祭日

メール seitaitaimu@gmail.com
アクセス

JR飯田橋駅西口徒歩5分

地下鉄飯田橋駅B3出口徒歩3分

東西線神楽坂駅徒歩8分

概要 神楽坂で整体の施術を受けたい方は、飯田橋駅B3出口より徒歩3分の整体サロン【整体たいむ】へ。肩こりや腰痛などの身体の不調をケアする施術をはじめ、元アスリートの経験を活かしたスポーツ整体など、一人一人に合わせた施術を行いますので、お気軽にご相談ください。
URL http://www.seitaitaimu.com

ご予約用メールフォーム

スポーツのパフォーマンスアップを整体で。
トップアスリートの経験を持つ院長が【上手な体の扱い方】をアドバイス。


整体たいむ
162-0825
東京都新宿区神楽坂3-2
Kヒルズ101号室
JR飯田橋駅西口徒歩5分
地下鉄飯田橋駅B3出口徒歩3分
東西線神楽坂駅徒歩8分
平日 13時~22時(最終21時)
土曜 11時~17時(最終16時)
日祝祭日休診 
※ 完全予約制となります 
090-6318-8143
seitaitaimu@gmail.com 

◦◦◦◦当院の治療実績◦◦◦◦
【腰痛】椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・腰部脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・腰椎分離症・腰椎分離すべり症・妊娠中の腰痛・産後の腰痛・交通事故の後遺症・椎間板症・椎間関節の痛み・ストレス性の腰痛・慢性腰痛・お尻の痛み・圧迫骨折・背中の痛み・その他、原因不明と診断された腰痛
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【足の痛み】股関節痛・臼蓋形成不全・変形性股関節症・弾発股・外側大腿皮神経痛・腸脛靭帯炎・大腰筋の痛み・半月板の痛み・ヒザ痛・鵞足炎・オスグット病・ランナー膝・ジャンパー膝・シンスプリント・捻挫・捻挫の古傷・モートン病・アキレス腱炎・大腿筋とふくらはぎの肉離れ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【肩の痛み】肩こり・首こり・むちうち・交通事故の後遺症・寝違え・四十肩・五十肩・胸郭出口症候群・頚肩腕症候群・頚部脊柱管狭窄症・野球肩・野球肘・テニス肘・円回内筋症候群・肘部管症候群・手根管症候群・ギヲン管症候群・TFCC損傷・手首の痛み・バネ指・突き指
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【その他】頭痛・眩暈・耳鳴り・猫背・O脚・むくみ・こむら返り・睡眠障害・不妊症・生理痛・逆子・産後の尿漏れ・便秘・下痢・慢性疲労・顎関節症
 
PAGE TOP