東京のスポーツ整体治療院【神楽坂整体たいむ】

坐骨神経痛

神楽坂整体たいむの坐骨神経痛治療

坐骨神経痛とは
坐骨神経痛の多くは、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症に付随して起こると考えられています。実際、坐骨神経痛で神楽坂整体たいむを受診する患者さんの多くは、整形外科などの病院で椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症という診断を受けています。しかし、それを治すための治療を受けていても坐骨神経痛が治らないのは珍しくなく、困り果てた方が東京都内はもちろん、関東近郊などから神楽坂整体たいむに訪れております。では、なぜ整形外科など他の治療院で治療を受けても治らない坐骨神経痛が当院の治療で和らぐのか、ここで簡単に触れていきたいと思います。
 
なぜ治らなかったのか?
あなたが長年お悩みの坐骨神経痛ですが、なぜ整形外科などの治療では治らないのか。それは、至ってシンプルです。坐骨神経痛の真の原因が取り除けていないからです。

椎間板ヘルニア
坐骨神経痛で病院を受診し「椎間板ヘルニアだから坐骨神経痛が出ている」と言われるケースは珍しくありません。しかし、現代の最新医学では椎間板ヘルニアが腰痛には無関係であるという説が常識となってきています。私も現場感覚ですが、そう思います。詳しくは下記リンク椎間板ヘルニアをご覧いただくとして、椎間板ヘルニアが幻の腰痛となれば、当然それの随伴症状と診断された坐骨神経痛は椎間板ヘルニアの治療では治らないとわかります。要は誤診ですね。

脊柱管狭窄症
坐骨神経痛を感じて病院で診てもらった際、医師から「脊柱管狭窄症だから坐骨神経痛になるんだよ」と診断されてはいませんか?確かに、脊柱管狭窄症があると坐骨神経痛のリスクは高くなります。しかし、あなたの坐骨神経痛は脊柱管狭窄症の治療を受けて、少しでも軽減しているでしょうか?脊柱管は70歳を超えれば誰だって少なからず狭窄しています。しかし、腰痛も坐骨神経痛もなく元気な高齢者はいるものです。何を隠そう、私の父がそうですから。これは、軽度の脊柱管狭窄症なら他の原因で坐骨神経痛を発症している可能性があるということを意味します。もし、あなたの坐骨神経痛が脊柱管狭窄症と診断されていたら、その別の原因を取り除かない限り坐骨神経痛が和らぐことはないのです。
 
このように、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症がイコール坐骨神経痛の原因とは限りません。そのため、盲目的に治療する病院や治療院では治らなかったのです。そして、その原因を深く探求している治療院は東京には僅かしかありません。だから、東京都内各地から坐骨神経痛の患者さんが神楽坂整体たいむを訪れているのだと思います。次は当院で考える坐骨神経痛の真の原因を紹介します。
 
坐骨神経痛の真の原因
坐骨神経痛の原因が椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症とは限らないことはご理解いただけたでしょうか?では早速、当院が考える坐骨神経痛の真の原因を紹介していきます。

骨盤がゆるんでいる
坐骨神経痛の真の原因で最も多く診られるのが、この骨盤のゆるみです。骨盤は仙骨という逆三角形の骨を左右の寛骨という骨が後方から支える構造になっています。しかし、この部分がゆるんで離れてしまうと、坐骨神経が伸ばされてしまいます。神経は伸ばされ続けると痺れを引き起こすので、これによって神経が伸ばされていることが1つ目の原因です。

神経が短縮し,硬くなっている
神経に限ったことではありませんが、人の体の軟部組織は適度な張りがなく、たるんでいると短く縮んで硬くなっていきます。神経が縮んで硬くなると、普通にしていても常に神経が伸ばされているのと同じ状態になるため、痺れだし坐骨神経痛となります。

筋肉で絞扼されている
坐骨神経の通り道は筋肉が横切っていて狭くなっている場所がいくつか存在します。
このような場所にある筋肉が軟らかければ、神経に触っても神経を邪魔せずに済みますが、硬くなっていると神経を押してしまいその流れを阻害してしまうのです。こうして神経が押され続けていることで、痺れだし坐骨神経痛となります。

坐骨神経の筋枝に引っ張られる
坐骨神経は骨盤から足の指先まで走る長い神経です。そして、指先に至るまでに途中途中で筋肉に筋枝と呼ばれる神経の枝を出しています。この枝は筋肉が硬くなると引っ張られて位置が動きます。すると、それに引かれて坐骨神経本体も位置が少しだけズレるのです。それが一ヵ所くらいなら問題ないのですが、数ヵ所となると話は別です。いたる方向から引っ張られて、坐骨神経はいびつな緊張状態となり坐骨神経痛へと繋がっていくのです。

糖尿病
多くはありませんが、糖尿病の合併症として神経障害を患い、それによって坐骨神経痛を訴える人もいます。これは、神経膜内に糖代謝物質(ソルビトール)が蓄積することで、神経伝達が阻害されるため神経障害を引き起こすとされています。これは流石に整体ではどうにもなりません。専門医と相談の上、血糖値のコントロールと食事療法や運動療法を行うとともに、キネダックというお薬を処方していただくことで改善するかもしれません。医師ではないので、一つの考えとして参考にしてください。
 
いかがでしょう?当院ではこのような独自の見解で坐骨神経痛の原因を見つけております。他院さんではあまり紹介されない原因もあると思いますが、それこそが当院を頼りとして東京都内はもちろん千葉・茨城・埼玉・神奈川など他県からも患者さんが訪れる理由です。
 
坐骨神経痛の治療法
ここまでで紹介してきた坐骨神経痛の真の原因ですが、もちろん当院ではこれらを改善する治療を行っております。それらを簡単に紹介していきます。

骨盤矯正
ゆるんでしまった骨盤を引き締めて安定した骨盤を作っていきます。これだけで足の痺れがなくなる人もいるくらいです。

神経ストレッチ
縮んで、太く硬くなっている神経をストレッチしてもとの長さに戻していきます。神経のストレッチは筋肉や靱帯のストレッチとはやり方が違うので、まずは専門家に診てもらいましょう。促通効果(伝わりやすくなる)もあるので、坐骨神経痛の状況を診て必要に応じて行います。

臀部の筋肉をほぐす
坐骨神経の通り道を狭くしている筋肉の多くは殿部の筋肉です。そのため、殿部の筋肉をよくほぐして筋肉の過緊張を取り除いていきます。

坐骨神経筋枝の緊張を和らげる
坐骨神経痛の状態をよく観察・分析して、坐骨神経の筋枝が緊張していると考えられるヵ所の緊張を和らげていきます。


CONTACT

ABOUT

◦◦◦◦◦受賞認定証◦◦◦◦◦
【柔道整復師会 会長賞】
柔道整復師会 会長賞
 
【柔道整復師免許】
 柔道整復師免許
【柳生心眼流 活法術】
柳生心眼流 活法術
【柳生心眼流 腱引き師】
柳生心眼流 腱引き師

整体たいむ
162-0825
東京都新宿区神楽坂3-2
Kヒルズ101号室
JR飯田橋駅西口徒歩5分
地下鉄飯田橋駅B3出口徒歩3分
東西線神楽坂駅徒歩8分
平日 13時~22時(最終21時)
土曜 11時~17時(最終16時)
日祝祭日休診 
※ 完全予約制となります 
090-6318-8143
seitaitaimu@gmail.com 

◦◦◦◦当院の治療実績◦◦◦◦
【腰痛】椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・腰部脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・腰椎分離症・腰椎分離すべり症・妊娠中の腰痛・産後の腰痛・交通事故の後遺症・椎間板症・椎間関節の痛み・ストレス性の腰痛・慢性腰痛・お尻の痛み・圧迫骨折・背中の痛み・その他、原因不明と診断された腰痛
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【足の痛み】股関節痛・臼蓋形成不全・変形性股関節症・弾発股・外側大腿皮神経痛・腸脛靭帯炎・大腰筋の痛み・半月板の痛み・ヒザ痛・鵞足炎・オスグット病・ランナー膝・ジャンパー膝・シンスプリント・捻挫・捻挫の古傷・モートン病・アキレス腱炎・大腿筋とふくらはぎの肉離れ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【肩の痛み】肩こり・首こり・むちうち・交通事故の後遺症・寝違え・四十肩・五十肩・胸郭出口症候群・頚肩腕症候群・頚部脊柱管狭窄症・野球肩・野球肘・テニス肘・円回内筋症候群・肘部管症候群・手根管症候群・ギヲン管症候群・TFCC損傷・手首の痛み・バネ指・突き指
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【その他】頭痛・眩暈・耳鳴り・猫背・O脚・むくみ・こむら返り・睡眠障害・不妊症・生理痛・逆子・産後の尿漏れ・便秘・下痢・慢性疲労・顎関節症
 
PAGE TOP