東京のスポーツ整体治療院【神楽坂整体たいむ】

肘のスポーツ障害

東京で肘のスポーツ障害を治療する【神楽坂整体たいむ】

肘のスポーツ障害
肘のスポーツ障害といえば、野球肘・ゴルフ肘・テニス肘が代表的ですね。これらは「靭帯の損傷である」とか「筋肉を傷めているんだ」とかいろいろ言われていますが、当院がどう捉えているかココでハッキリさせておきます。当院では、主に『腱を傷めている』と考えています。そして、腱は血流が乏しい組織なので治るまで時間がかかったり、手を使わないことが不可能なことから治りきるまでに再受傷を繰り返して長期化することが多い、厄介なケガです。そんな苦しみを味わわないで済むよう、せめて本ページにて肘のスポーツ障害について知識をつけてください。なお、肘のスポーツ障害は主に以下の3種類に分けることができます。
上腕骨外側上顆炎,とは?
上腕骨外側上顆炎は肘の外側が痛くなるスポーツ障害です。ゴルフやテニスのプレイヤーに多いことからゴルフ肘・テニス肘と呼ばれています。主に、バックハンドなどの負担で前腕の伸筋群(手の甲側)への疲労が蓄積し、その付着部・腱部である上腕骨の外側上顆部に炎症を起こしています。
上腕骨内側上顆炎,とは?
上腕骨内側上顆炎は肘の内側が痛くなるスポーツ障害です。野球の投手に多いことから野球肘と呼ばれています。投球時(リリース時)に手首のスナップを利かせることで、前腕の屈筋群(手の平側)への疲労が蓄積し、その付着部・腱部である上腕骨の内側上顆部に炎症を起こしています。
軟骨損傷,とは?
例外的に腱ではなく軟骨を傷めるパターンも少数ながら存在します。もしも、ゴルフでダフッた時や野球のバッティング時に肘の外側を傷めることがあったら、まずはこの損傷を疑った方がいいでしょう。ただ、肘の軟骨損傷をキチンと診断・治療できる治療家は多くないので、もし疑わしい時は当院にご相談いただけたらと思います。
腱を傷める理由
肘のスポーツ障害(野球肘・テニス肘・ゴルフ肘)では、主に腱を傷めていることは説明しました。では、なぜこれらの組織が損傷するのでしょう?ココでは、その理由を説明していきます。
肘から先の筋肉が集まっている
上腕骨の内側上顆と外側上顆には、肘から先に伸びている筋肉のほとんどがくっついています。これらの筋肉は、主に手首や指を動かす際に使われているため、手首や指を使う頻度が高くなると、その負担が肘にかかってきてしまいます。試しに、肘の痛い場所を押さえて手をグーパーしてみて下さい。押さえた手にピクピクと筋肉の動きを感じるはずです。このことが、手首や指を動かす筋肉が肘から伸びている証拠ですね。
手首に頼りすぎている
野球にしろ、ゴルフにしろ、テニスにしろ、基本的に手首は半脱力して使う方がパフォーマンスが上がります。しかし、肘を傷める選手の多くは、プレーを手首に頼っている傾向が高いです。これは「手首をしっかりと固定しなくては」「手首を利かせてパフォーマンスを上げよう」などの考えが先行して手首に余計な力が入ってしまうのだと思います。しかし、手首は本来強い力に耐えるものではないため、その負担を緩衝する筋肉が限界に達してしまい、その付着部である腱を傷めてしまうのです。
体の力を伝えられていない
肘を傷める選手の多くは、フィジカルに恵まれた選手が多いです。これは、どのプレーを行うにしても、その恵まれたフィジカルでこなせてしまうからです。しかし、本来スポーツにおいて最も重要なことは、必要な瞬間に体の力を連動させて伝えることです。このように全身を上手く連動させて、場合によっては部分的にでも連動させて使うことができると、その際に体にかかる負担は大きく分散されます。しかし、これが上手くできず、腕の力に頼ってプレーをしていると、その時の負担は全て肘にかかります。だから、肘を傷めてしまうというわけですね。
腕に頼ってしまう理由
ここまでで、全身を上手く使うことができずに腕や手首に頼ったプレーを続けると、腕をコントロールする筋肉が集まっている部分(上腕骨内側上顆・外側上顆)に負担が集中・蓄積して、肘のスポーツ障害を引き起こすことがわかったと思います。では、なぜ腕に頼ってしまうのでしょう?
全身の運動連携は超高等技術だから
本来、大まかな力加減は全身の運動連携で、細かい微調整は腕で行うのが理想的な運動分担です。しかし、全身の運動連携は簡単にできる技術ではないため、初心者から脱却する段階でほとんどの選手が一度は器用に動かせる腕に頼ってしまいます。実際、この段階ではその方が上手くいくことが多いので「これが正解なんだ」と学習してしまうのです。そして、この腕に頼った使い方がプレーのベースになることで、全身の運動連携を活かしたプレースタイルからは遠ざかり、腕に頼ったプレーに偏ってしまうのです。
先に話したように、腕は本来細かい微調整を行うためにあります。そのため、強い筋力は有しておらず、使い過ぎによる疲労が蓄積しやすいのです。だから、腕に頼っていると肘を傷めてしまうのです。
プレー時に意識してほしいこと
先に話したように、多くの選手・愛好家がスキルを向上させる過程で腕に頼ったプレーを身につけてしまう傾向があります。このままでは、今は大丈夫でもいずれ肘を傷めてしまうでしょう。そこで、ココではこれを改善するための簡単なポイントを紹介します。
腕を竹のようにしならせる
竹はよくしなりますよね?そして、その先端はインパクトの瞬間にとても大きな力を発揮しています(竹の場合、質量の問題で実際の力はさほど大きくはありません)。これを腕で行うのです。コツは余計な力を抜くことです。むしろ、最初はほぼ脱力した状態を作り、体の動きで腕を動かす練習をするといいでしょう。こうして、腕の力を抜いた状態で動かす感覚を覚えていくことで、自然と腕が竹のようにしなるようになっていきます。あとは適宜必要に応じて瞬間的に力を使うことで、インパクト時のパワーが増し、各関節が受ける負担も軽減していきます。
薬指に意識を向けて握る
人はどの指に力を入れるかで腕全体(全身?)の力加減が変わってきます。野球の場合はイメージしずらいと思いますが、ゴルフやテニスだったらクラブやラケットを握る時に薬指を意識して握るようにしてみて下さい。これだけのことで、腕に余計な力が入らなくなるのがわかると思います。では、試しにその握り方で素振りをしてみましょう。いかがですか?普段より体がやわらかく動き、腕もしなりやすくなっていませんか?
次に、小指を意識して握ってみて下さい。なんだかリキんでいる感じがしませんか?この握り方で素振りをすると、先ほどより体が硬くて動きにくく、腕もシナらなくなると思いますよ。あなたにとっては、どちらの方が肘に負担がかからなそうですか?
余談,指を意識する意味
あまり知られていないことなのですが、指にはそれぞれ『役割』があります。親指は挟む指、人差し指は力の方向を指し示す指、中指は軸になる指、薬指は引っかける指、そして小指が握る指です。肘のスポーツ障害においては『握り方』が原因の一端を担っていることが多いので、ここでは握る際に主となる薬指と小指の違いを説明していきます。
小指,力の指
「小指って一番非力な指じゃないの?」と思っている人がほとんどだと思いますが、大相撲では「強い力士は小指さえ引っかけられれば投げられる」といわれるほどの強い力が備わっています。ただ、これは小指自体が強いのではなく、小指を強く握りこむことで腕の力がフル可動されるようになるからです。スポーツでは、力が強いに越したことはないですよね?上手く活用できれば大きな武器になります。ただし、欠点もあります。それは、力のオンオフしかできないことです。そのため、筋肉の疲労が早く、繊細な技術も扱いずらくなってしまいます。
薬指,脱力の指
先に紹介した小指が力の指なのに対して、薬指は正反対の役割を持っています。そのため、薬指を引っかけるように意識して握ると、腕はもちろん体から余計な力が抜けていきます。この適度な緊張状態を上手く活かすことができると、体の力を腕に伝えやすくなったり、体の動き自体がしなやかになります。ただし、この適度な緊張や運動連携時の筋肉の使い方には高度な技術が必要なため、慣れるまで地道な練習が必要です。
肘,スポーツ整体
ここまでで、意識する指1つでも肘に与える影響は大きいとご理解いただけたと思います。そして、私が診てきた患者さんの多くは、小指主導で腕に頼ったプレーをしている人でした。これを加味して、整体たいむでは、最終的には腕に頼らなくても済むよう、以下のような治療を行っています。
スポーツ整体,肩,腕
肘を傷める選手の多くは腕が捻じれ、肩が前に引き出されています。そのため、まずはその腕の捻じれを緩和していきます。また、肘の痛みに対して上腕部の筋肉の緊張や筋膜の張りはあまり注目されませんが、当院ではそれも重視して施術を行います。多くの患者さんが、この部分の施術を終えた段階で痛みが緩和したことを実感することができます。
スポーツ整体,前腕,手首
腕に頼った使い方をして腕を酷使し続けてきたことで、前腕の2本の骨の間にある筋肉が硬く盛り上がっていることが多いです。この部分の緊張を和らげることでこの骨に動きをつけ、手首の調整を行いやすくします。肘のスポーツ障害は手首を動かす筋肉の影響が大きいので、手首がスムーズに動き、かつ安定していることは負担の軽減に大きな役割を持っています。この施術が終わった時点で、腕の感覚に変化を感じる人は少なくありません。
スポーツ整体,体幹
腕に頼った使い方を続けていると、体幹部も硬くなっていることが多いです。そのため、体からの運動連携も生まれにくくなっています。これを緩和・改善させるため、主に腕の動きに影響が強い肋骨・鎖骨・肩甲骨の施術を行います。お体の状態によっては股関節や腹筋などの施術を行うこともありますが、とにかく、こうして体幹部に動きを出していきます。体の力を腕に伝えられるようになると、肘への負担もさらに軽減しますし、今後の予防にも繋がります。
スポーツ整体,肘
最後になりますが、ようやく肘周辺の施術となります。ただ、傷めている腱をいくら押しても良くはなりませんし、むしろ傷めて悪化させてしまう危険すらあります。そこで当院では、傷めている腱に繋がっている筋肉や筋膜の緊張を和らげていきます。こうすることで、患部に危険な刺激を加えることなく、傷めている腱の筋緊張を和らげることができ、痛みを緩和・改善することができます。
セルフケア
当院で治療を受けていただくと、かなりの方がその場で痛みが和らぐのを実感されます。しかし、だからといって私生活で何もしなければ、再び疲労がたまってきたり、ふとした拍子に再受傷してしまうこともあります。そこで、当院ではいくつかセルフケアを紹介して、これらを未然に防ぐようお願いしているのですが、ここでは、そのセルフケアを1つ紹介したいと思います。
やり方
1.イスに座って、ほぐす方の手を水平より高く上げて下さい
2.反対の手で二の腕(上腕三頭筋)を30秒くらい揉んで下さい
3.手の平を使って肘⇨腋へと10回擦って下さい
ポイント
 ◦ ほぐす方の手の平は上を向けて下さい
 ◦ 揉み方はこだわらなくて大丈夫です
 ◦ 『テレビを見ながら』など『ながら』で適当に行って下さい
最後に
このように当院では、肘のスポーツ障害に対して肘の治療をメインに、患者さんの状態に合わせて体幹への調整治療も行っております。それは、スポーツにおいて全身の運動連携が重要だと考えているからです。もしあなたが、肘のスポーツ障害でお悩みで、病院や接骨院、他の治療院さんなどで思っていた結果が得られていなかったら、もしかしたら、当院のスポーツ整体であなたのお悩みを解決することができるかもしれません。1人で悩んでいても肘の痛みは変わりません。どうぞお気軽にご相談くださいね。
 電話 : 090-6318-8143
メール : seitaitaimu@gmail.com
 TOP : http://www.seitaitaimu.com

料金ページへのリンクバナーですアクセスページへのリンクバナーですご予約,お問い合わせページへのリンクバナーです院長紹介ページへのリンクバナーです院内の雰囲気ページへのリンクバナーです当院の特徴ページへのリンクバナーですご来院からの流れページへのリンクバナーです当院からのお願いページへのリンクバナーですよくあるご質問ページへのリンクバナーです患者さんの感想ページへのリンクバナーですスポーツ整体ページへのリンクバナーですテニス肘の治療例ページへのリンクバナーです
肩のスポーツ障害ページへのリンクバナーです腰のスポーツ障害ページへのリンクバナーです膝のスポーツ障害ページへのリンクバナーです足のスポーツ障害ページへのリンクバナーです

コラム集

当院で作成しているからだのコラム集です。
私の身体観はいささかマニアックですが
からだへの理解を深める一助となるかもしれません。
もし、興味のあるものがあったらご一読ください。

リンク

飯田橋で整体をお探しの方は【整体たいむ】

院名 整体たいむ
所在地 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3-2 Kヒルズ101号室
連絡先 090-6318-8143
概要 神楽坂で整体の施術を受けたい方は、飯田橋駅B3出口より徒歩3分の整体サロン【整体たいむ】へ。肩こりや腰痛などの身体の不調をケアする施術をはじめ、元アスリートの経験を活かしたスポーツ整体など、一人一人に合わせた施術を行いますので、お気軽にご相談ください。
URL http://www.seitaitaimu.com

野球肘・ゴルフ肘・テニス肘で東京のスポーツ整体をお探しなら神楽坂・飯田橋・市ヶ谷エリアの【整体たいむ

野球肘・ゴルフ肘・テニス肘など肘のスポーツ障害で治療院ををお探しなら、東京のスポーツ整体で神楽坂・飯田橋・市ヶ谷エリアの【整体たいむ】にご相談ください。病院や整形外科、他の治療院で効果が診られなかった肘の痛みも当院独自の治療で根本から治療致します。
野球肘・ゴルフ肘・テニス肘などの肘の痛みが出る原因は、肘だけにあるわけではありません。肘のスポーツ障害は、肘周りの筋肉の疲労が蓄積して腱を傷めることが多いのですが、これは結果であって原因ではありません。真の原因は体の使い方です。スポーツで肘を傷める人の多くは、体幹の力を腕に伝えることができていないため、手打ちになってしまっています。インパクトの瞬間に強大な負荷がかかるスポーツにおいて、手打ちはその負担の大半を肘で受けてしまうことを意味します。手打ちの方がコントロールが容易なため、誰しも一度は手打ちになってしまうのですが、それを改善せずに続けてしまうことで、その負担が日に日に蓄積し、ある日野球肘・ゴルフ肘・テニス肘などのスポーツ障害を発症するのです。そのため、体幹を安定させ、体幹の力を上手に腕に連動させることが肘のスポーツ障害の根本的な治療になります。
東京のスポーツ整体、神楽坂・飯田橋・市ヶ谷エリアの【整体たいむ】の治療は、元アスリートの院長が厳選・熟成させた手技療法にて肘だけではなく、骨盤や肩甲骨などの治療も行い、体幹を活かしたプレーができるようサポートしております。これは、病院や整形外科などの肘だけを治療する方法とは根本的に異なります。もしもあなたが、野球肘・ゴルフ肘・テニス肘などの肘の痛みでお困りなら、東京のスポーツ整体、神楽坂・飯田橋・市ヶ谷エリアの【整体たいむ】へお気軽にご相談下さい。

東京のスポーツ整体はオーダーメイド施術が評判の【整体たいむ】へ

東京都内のスポーツ整体はオーダーメイド施術が評判の【整体たいむ】がおすすめです。スポーツ選手や愛好家の方の治療には、1人1人の状態に合わせたオーダーメイドの治療が必要です。【整体たいむ】は、はじめにしっかりとカウンセリングを行い個々に応じたきめ細かな治療を行っています。また、簡単なセルフケアもしっかりアドバイスいたします。清潔で落ち着いた雰囲気の中、安心して施術を受けられますので都内でスポーツ整体を探している方はぜひ【整体たいむ】までお越しください。

CONTACT

ABOUT

◦◦◦◦◦受賞認定証◦◦◦◦◦
【柔道整復師会 会長賞】
柔道整復師会 会長賞
 
【柔道整復師免許】
 柔道整復師免許
【柳生心眼流 活法術】
柳生心眼流 活法術
【柳生心眼流 腱引き師】
柳生心眼流 腱引き師

整体たいむ
162-0825
東京都新宿区神楽坂3-2
Kヒルズ101号室
JR飯田橋駅西口徒歩5分
地下鉄飯田橋駅B3出口徒歩3分
東西線神楽坂駅徒歩8分
平日 13時~22時(最終21時)
土曜 11時~17時(最終16時)
日祝祭日休診 
※ 完全予約制となります 
090-6318-8143
seitaitaimu@gmail.com 

◦◦◦◦当院の治療実績◦◦◦◦
【腰痛】椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・腰部脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・腰椎分離症・腰椎分離すべり症・妊娠中の腰痛・産後の腰痛・交通事故の後遺症・椎間板症・椎間関節の痛み・ストレス性の腰痛・慢性腰痛・お尻の痛み・圧迫骨折・背中の痛み・その他、原因不明と診断された腰痛
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【足の痛み】股関節痛・臼蓋形成不全・変形性股関節症・弾発股・外側大腿皮神経痛・腸脛靭帯炎・大腰筋の痛み・半月板の痛み・ヒザ痛・鵞足炎・オスグット病・ランナー膝・ジャンパー膝・シンスプリント・捻挫・捻挫の古傷・モートン病・アキレス腱炎・大腿筋とふくらはぎの肉離れ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【肩の痛み】肩こり・首こり・むちうち・交通事故の後遺症・寝違え・四十肩・五十肩・胸郭出口症候群・頚肩腕症候群・頚部脊柱管狭窄症・野球肩・野球肘・テニス肘・円回内筋症候群・肘部管症候群・手根管症候群・ギヲン管症候群・TFCC損傷・手首の痛み・バネ指・突き指
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【その他】頭痛・眩暈・耳鳴り・猫背・O脚・むくみ・こむら返り・睡眠障害・不妊症・生理痛・逆子・産後の尿漏れ・便秘・下痢・慢性疲労・顎関節症

PAGE TOP