東京のスポーツ整体治療院【神楽坂整体たいむ】

スポーツで肘を傷めやすい人の特徴

【スポーツで肘を傷めやすい人の特徴】東京で肘の痛みを相談するならスポーツ整体【神楽坂整体たいむ】

テニス・卓球・ゴルフ・野球、主に球技をやっている人なら一度は肘を痛めたことがあるのではないでしょうか?
そう、これらの競技と肘の痛みは宿命といってもいいものです。
だからこそ、わざわざテニス肘・ゴルフ肘・野球肘なんていうスポーツ障害の名前が付けられているわけです。
しかし、意外なことに中には高いレベルで競技をしているにもかかわらず、肘を傷めずに現役生活を終える選手もいます。
繰り返し肘を痛め続ける人と、一度も傷めずに終える人。
これらにはいったいどのような違いがあるのでしょうか?
こちらでは、肘を傷めやすい人に焦点を当てて、その特徴を3つにしぼって紹介していきます。


スポーツで肘を傷めやすい人の特徴1.体の力が抜けない

スポーツで肘を傷めやすい人の特徴として外せないのが「体の力が抜けない」ことです。
このような特徴がある人は「スポーツは力を入れれば入れるほど良いものだ」という誤解を持っていることがあります。
当然、実際は真逆で「スポーツは必要のない力をどれだけ抜けるか」の方がはるかに重要です。
なぜなら、スポーツは高いパフォーマンスをどれだけ維持し続けられるかによって優劣がつくからです。
しかし「力を入れれば入れるほど良い」という考え方ではすぐにガス欠となり、パフォーマンスが低下してしまいますよね。
一度冷静になって考えてみてください。
同じことをするなら、そのための労力は少ない方が良いとは思いませんか?


スポーツで肘を傷めやすい人の特徴2.手に意識が向きすぎている

スポーツで肘を傷めやすい人の特徴2つめは「手に意識が向きすぎている」ことです。
テニスも野球もゴルフも卓球も、共通していることは球技ということと、道具を使うスポーツだということです。
このように道具を使ってボールを打つ、もしくは投げるという動きは見てもわかるように手を使っています。
そのために「上手く打とう」「強く投げよう」など、相手を上回るパフォーマンスを発揮しようとして、つい道具を持つ手やボールを持つ手に「注意が向いてしまう」のです。
しかし、このように「手に意識が向きすぎてしまう」と、無意識に体が縮こまり、体の連携(連動)が使えなくなってしまいます。
結果、手打ち・手投げになってしまい、自分では思ったようにパフォーマンスが上がらないのです。
すると「こんなに頑張ったのにダメだった」と考えてしまい「それならもっと頑張らないと」と、より体に力が入り、手に意識がむいてしまうという負のスパイラルに陥ります。
そして、手打ちや手投げは前腕の筋肉に大きな負担がかかるため、腱損傷であるテニス肘・野球肘・ゴルフ肘になりやすいというワケです。


スポーツで肘を傷めやすい人の特徴3.構えのバランスが悪い

スポーツで肘を傷めやすい人の特徴3つめは「構えのバランスが悪い」です。
スポーツにおいて「構え」とは「次の動作に移りやすくするための予備姿勢」という意味があります。
しかし、スポーツで肘を傷めやすい人たちはこの構えのバランスが悪く、本来の意味である「次の動作に移りやすくする」という目的が果たせなくなっています。
するとどうなるか?
頭での反応に対し、体の反応が遅れるのです。
つまり「出足の一歩が遅くなる」「初動がワンテンポ遅くなる」ということです。
すると、本来の自分のイメージよりも遅くなっているため、それを補おうと力を込めてしまいます。
「手」に。
こうして、本来なら体全体を上手く使って動かし、それを手に伝えるだけでよい動作まで「手」に頼った使い方になってしまうのです。
これが「構えのバランスが悪い」人がスポーツで肘を傷めやすい理由です。


東京のスポーツ整体【神楽坂整体たいむ】で肘を傷めやすい特徴を改善しませんか?

スポーツで肘を傷めやすい人の特徴を3つ紹介してきました。
当院【神楽坂整体たいむ】では、これらは全て体の使い方が効率的ではないことで起きていると考えています。
しかし、そういった「体の使い方」「運動のコツ」といったものを教えてくれたり、そのために必要な関節の可動域を作ることを目的とした整体を行ってくれるスポーツ整体院はありません。
当院【神楽坂整体たいむ】を除いては。
そのため、東京では唯一のスポーツ整体院として、東京はもちろん地方などからも治療を受けに、また指導を受けに患者さんが訪れているのだと思います。
もしあなたが、今回挙げた3つの「スポーツで肘を傷めやすい人の特徴」に当てはまっていたり、心当たりがあるようでしたら、傷めてしまう前にぜひ東京のスポーツ整体【神楽坂整体たいむ】にご相談ください。


スポーツ整体・身体のケア方法に関するコラム

東京でスポーツ整体をお探しなら【神楽坂整体たいむ】

院名 神楽坂整体たいむ
所在地 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3-2 Kヒルズ101号室
連絡先 090-6318-8143
営業時間

平日 13時~22時(最終21時)

土曜 11時~17時(最終16時)

定休日

日祝祭日

メール seitaitaimu@gmail.com
アクセス

JR飯田橋駅西口徒歩5分

地下鉄飯田橋駅B3出口徒歩3分

東西線神楽坂駅徒歩8分

概要 神楽坂で整体の施術を受けたい方は、飯田橋駅B3出口より徒歩3分の整体サロン【整体たいむ】へ。肩こりや腰痛などの身体の不調をケアする施術をはじめ、元アスリートの経験を活かしたスポーツ整体など、一人一人に合わせた施術を行いますので、お気軽にご相談ください。
URL http://www.seitaitaimu.com

ご予約用メールフォーム

スポーツのパフォーマンスアップを整体で。
トップアスリートの経験を持つ院長が【上手な体の扱い方】をアドバイス。


整体たいむ
162-0825
東京都新宿区神楽坂3-2
Kヒルズ101号室
JR飯田橋駅西口徒歩5分
地下鉄飯田橋駅B3出口徒歩3分
東西線神楽坂駅徒歩8分
平日 13時~22時(最終21時)
土曜 11時~17時(最終16時)
日祝祭日休診 
※ 完全予約制となります 
090-6318-8143
seitaitaimu@gmail.com 

◦◦◦◦当院の治療実績◦◦◦◦
【腰痛】椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・腰部脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・腰椎分離症・腰椎分離すべり症・妊娠中の腰痛・産後の腰痛・交通事故の後遺症・椎間板症・椎間関節の痛み・ストレス性の腰痛・慢性腰痛・お尻の痛み・圧迫骨折・背中の痛み・その他、原因不明と診断された腰痛
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【足の痛み】股関節痛・臼蓋形成不全・変形性股関節症・弾発股・外側大腿皮神経痛・腸脛靭帯炎・大腰筋の痛み・半月板の痛み・ヒザ痛・鵞足炎・オスグット病・ランナー膝・ジャンパー膝・シンスプリント・捻挫・捻挫の古傷・モートン病・アキレス腱炎・大腿筋とふくらはぎの肉離れ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【肩の痛み】肩こり・首こり・むちうち・交通事故の後遺症・寝違え・四十肩・五十肩・胸郭出口症候群・頚肩腕症候群・頚部脊柱管狭窄症・野球肩・野球肘・テニス肘・円回内筋症候群・肘部管症候群・手根管症候群・ギヲン管症候群・TFCC損傷・手首の痛み・バネ指・突き指
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【その他】頭痛・眩暈・耳鳴り・猫背・O脚・むくみ・こむら返り・睡眠障害・不妊症・生理痛・逆子・産後の尿漏れ・便秘・下痢・慢性疲労・顎関節症
 
PAGE TOP